病院のホームページ制作|必須のコンテンツとポイント

Published by Hanae Izumiguchi on

【簡単解説】IT業界とは|職種や仕事内容、未来をわかりやすく解説

病院のホームページ制作|必須のコンテンツとポイント

こちらの記事では、病院ホームページの制作について解説していきます。

病院を開業するにあたってホームページを制作したい、けれども何から始めてよいか分からない。より良いホームページを作るためのポイントは?などのお悩みを抱えていませんか。

自身で制作するのか、ホームページ制作会社に依頼するのかの選択がありますが、いずれにしても重要なポイントを理解しておくことで、今後のプロセスがスムーズに進み、より良いホームぺージが完成します。

どんなビジネスにもホームページは必要

本記事では、これから病院のホームページを制作したい、効果的なホームページにしたい方に向けて

・ 病院のホームページを制作する理由

・ ホームページに掲載する必須項目

・ ホームページ制作でのポイント

について、分かりやすく解説していきます。

病院のホームページを制作する理由

まず病院のホームページを制作する理由について話していきます。 病院を経営する際、顧客と良好な関係を構築し、安定的な来院を維持することが最重要です。それを前提に、なぜホームページが必要かについて話していきます。

信頼度アップ

昨今では、どんな業種業態であってもホームページを持つことは基本的なことになっています。顧客がどこかの会社について調べる際は、まずホームページに飛ぶのが主流です。特に医療ビジネスでは、整った清潔感のあるホームページを持つことで、顧客に好感と信頼感を与えます。

情報掲示板の役割

先ほども述べたように、顧客はまずホームページに飛ぶ傾向があり、そこで情報を収集します。住所、電話番号、診療時間などの基本的な情報を分かりやすいように掲載することによって、顧客にとって優しいホームページとなり、満足度が上がります。

診療プロセスの効率化

ホームページの構造を工夫することによって、予約から受診までのプロセスを効率化できます。アメリカの多くの病院では既に、ウェブサイトから診察の空き情報を調べ、予約を入れるシステムが使われています。これによって、電話対応の労力も減り、データも管理しやすくなっています。

ホームページに掲載する必須項目

次に、ホームページに盛り込むべき項目について話していきます。

基本情報

まずは以下の基本情報を載せましょう。

✔ 病院名

✔ 診療科目

✔ アクセス

✔ 電話番号

✔ 診療時間・休診日

✔ 病院の概要

これらの情報は、顧客が特に求める情報なので、見やすく分かりやすくすることが重要です。また、外観や院内の写真を載せることで、新規顧客からの信頼をさらに獲得できます。

自院の特徴・診療方針

自院ならではの特徴や他院との違いを載せることで、特定のニーズを持った患者を獲得します。例えば、最新の設備や器具を紹介することで、患者に高品質の診療を受けたいと思わせます。また、患者ファーストな診療方針を伝えることによって、診療に対しての不安を取り除きます。

その他の情報

他にも、お知らせの項目やよくある質問、またネット予約の項目を設定することも有益です。お知らせの項目では、自院の最近のニュース、診療料金の改正や新たに導入された設備を紹介するなど、顧客に近状を知らせます。顧客視点に立ち、便利だと思う項目を盛り込むことによって、顧客満足度が増してきます。

ホームページ制作でのポイント

最後に、ホームページを制作する際の抑えるべきポイントを解説してきます。病院のホームページを制作する基本的な目的は集客と顧客の満足度を上げて、安定的な来院を維持していく事です。その上でいくつかのポイントを解説していきます。

ターゲット顧客の確立

まずはターゲットとする顧客を設定することです。他のビジネスと同様に、病院であっても「誰に」向けて集客をするかを決める必要があります。さまざまなターゲットの絞り方がありますが、例えば年齢層で分けたり、患者の受診目的別に絞ったりと、まずは一つ、具体的な顧客像を固めましょう。

自院の強みを意識

ターゲットとなる顧客を設定したら、「何を」「どのように」そのターゲットに提供していくのかを決めます。自院のもつ強みや他院との違いでターゲットの顧客のニーズをどのように満たしていくのかを考えます。これらを最初に決めることで、適切なデザインの構成やコンテンツの制作の方針が決まります。効果的なホームページを制作する際に欠かせません。

顧客ファーストのコンテンツ

ターゲットの視点に立ち、どのような情報があったら助かるか、便利かを考えてホームページを制作していきます。ターゲットによって、デザインや言葉選びも異なってきます。見やすく、分かりやすく、清潔感と信頼感のあるようなデザインとコンテンツが載っていることが基本的には重要になります。

医療広告ガイドラインに注意

医療に関するホームページを制作する際の注意点があります。厚生労働省が定めた医療広告ガイドラインというものがあり、他院よりも優れていることを過度に主張する広告や患者の診療を誘惑する趣旨の広告は規制されているので気を付けなければなりません。
A-2 ヒアリング_アメリカ独立支援

いかがでしたでしょうか。本記事では病院のホームページ制作をする際の必須のコンテンツとポイントについて解説しました。

自身でホームページを制作するのか他社に依頼するのか、メリットとコストを考慮して決める必要がありますが、いずれにしても本記事でお伝えしたポイントは重要になってきます。ターゲットの顧客を第一に考えた、より良いホームページを完成させましょう。

Categories: ITMarketing