aiTWorks

美容室のホームページ制作【集客につながるWEBデザインのコツ】

【簡単解説】IT業界とは|職種や仕事内容、未来をわかりやすく解説 美容室のホームページ制作【集客につながるWEBデザインのコツ】 本記事では、美容室向けホームページ制作について解説します。 美容室や美容院経営においてホームページを持つことにはメリットがあるので、本記事ではホームページ制作のポイントと、どのようなコンテンツを盛り込んでホームページを作ったら良いかなどの例を上げて解説します。 美容室向けWebサイト制作が重要な理由 他の業界と同様に、美容室においてもWebサイト制作は重要な取り組みです。製造業界の会社がWebサイトを作ることで、以下のようなメリットを得られます。 信頼性向上 新規顧客獲得 採用活動効率化 技術力アピール 既存顧客フォローアップ お店の信頼性向上 自社美容室のホームページを作成することで、お店の信頼性が向上します。会社の概要、営業時間、ロケーション、店内の雰囲気などのほか、実績、資格などの情報を見込み客に提供することができます。 これらの内容が分かれば、見込み客はその美容室の雰囲気や自分に合っているかなどを推測することができます。ホームページの制作を言い換えればインターネット上に企業の顔や看板を作る作業なので、見込み客とうまくコミュニケーションできるホームページの制作はお店の信頼性を高めることにつながります。 新規顧客の獲得につながる ホームページは新規顧客の獲得にもつながります。会社概要、事業内容、実績のほか、問い合わせフォームや予約フォームなどを設置することができます。 ホームページを見て興味を持った潜在顧客が、新規顧客になってくれることも多く、優秀な営業担当者になる可能性を秘めているのです。 また、お店のエリア周辺に新規顧客を獲得できるのもホームページの特徴です。お客様の目につくホームページを作ることができれば、エリア内の新規顧客獲得を飛躍的に向上させることができます。 採用活動を効率化できる ホームページを作成することで、採用活動を効率化することもできます。求人サイトには掲載できないような情報も、ホームページには掲載することができます。 例えば、求職者が必要とする情報を掲載した特設ページを作成することもできます。 そんなページ、誰もアクセスしないと思うかもしれませんが、求人サイトで気になる企業を見つけた求職者の多くは、より詳しい情報を得るために公式ホームページを探します。 そのため、求人サイトへの掲載と合わせて求職者向けの特設ページを作れば、さらに求職者の興味を引くことができるのです。このように、ホームページを作成することで求職活動を効率化することができるのです。 美容師のスキルアピールが可能 ホームページを利用して、美容師としての自分のスキルをアピールすることもできます。ホームページでは、専門家でなければわからないような技術情報だけでなく、誰でもわかるような写真付きのヘアスタイル紹介や、所属美容師の技術力をイメージで伝えられるような画像や動画などを掲載することも可能です。 Webサイトを活用することで、あらゆる層に対して美容師のスキルや技術力の高さをアピールすることができます。 既存顧客へのフォローアップになる ホームページをうまく運営すれば、既存のお客様へのフォローアップも可能です。 お店の稼働状況や休日などの情報を掲載することで、お客様視点に立てば、わざわざ連絡しなくても知りたい情報をホームページ上で知ることができるようになります。 このようにホームページを定期的に更新をすることで、既存のお客様とのコミュニケーションに活用できます。 美容室向けホームページ制作の留意点 美容室向けのホームページを作成する際には、以下の4つのポイントに注意しましょう。 お店(所属美容師)のスキルや強みをアピールする ヘアスタイルのサンプルを視覚的に伝える 過去の実績を紹介する お客様や求職者の目線を意識する これらのポイントを意識することで、ホームページの集客効果を高めることができます。 お店(所属美容師)のスキルや強みをアピールする お店に所属している美容師のスキル、どんなヘアスタイルを作れるのかは、ホームページ訪問者が知りたい最重要ポイントであり、よってホームページで最も強調したいポイントになります。 自社の魅力を伝えるためには、他店との差別化を図りながら、他店にはない強みを積極的にアピールしましょう。アピールポイントとしては、「美容師の技術力」「お店の雰囲気」「価格」などが挙げられます。 その他、自社独自のアピールポイントがあればどんどん掲載していきましょう。(例:完全予約制、女性美容師多数在籍、眉剃りだけでもOK など) ヘアスタイルのサンプルを視覚的に表現する ヘアスタイルのサンプルを視覚的に伝える写真や動画も、Webサイトに掲載する必要があります。訪問者に、自店のサービスや技術力をイメージさせることができるからです。 画像を使うメリットは、専門的な知識がない人でもサービスや技術力の素晴らしさや魅力を理解できることです。ヘアスタイルのサンプルを視覚的に伝えることで、新規のお客様を獲得しやすくなります。 ただし、自社で写真や動画を撮影することはおすすめしません。素人撮影では、暗かったり、見にくかったりして、印象が悪くなる可能性があるからです。素人撮影の動画では、逆に顧客が来店を見送る可能性もあるのでプロに依頼して撮影してもらうことをおすすめします。 過去の実績を紹介する 過去の実績もホームページには掲載したいものです。豊富な実績があれば、訪問者の信頼を得ることができます。様々なヘアスタイルに対応できる能力があることを示すことができます。 お客様の協力が得られるのであれば、「お客様の声」を掲載するとよいでしょう。実際にサービスを利用した人の声は、来場者にとって非常に参考になります。 お客様目線、求職者目線を意識する Read more…

海外オンラインマーケティングとは?海外で製品を売るための仕組みづくり

【簡単解説】IT業界とは|職種や仕事内容、未来をわかりやすく解説 海外オンラインマーケティングとは?海外で製品を売るための仕組みづくり ビジネスにおけるマーケティングにはさまざまな意味がありますが、ここでは「海外でモノを売るための仕組みづくり」としての海外オンラインマーケティングをご紹介します。まずは基本的なマーケティングについて、大きく4つの要素に分解して定義していきます。 海外ビジネスを成功させるための海外マーケティングの4つの要素 市場調査 商品価値の決定 流通の仕組みづくり 販売促進プロモーション 海外オンラインマーケティングとは?海外で製品を売るための仕組みづくり 1. 市場調査 自社製品や商品を海外で販売するためには、まず市場調査を行う必要があります。そもそも海外にニーズがない、競合が強い、利益を出すための価格設定が難しいといったケースもあるでしょう。市場調査には、さらに大きく分けて3種類の調査が必要です。 1-1. ニーズ調査 最初に行うべき調査はニーズ調査です。これは、自社の製品や商品の提供する価値が、本当に現地の消費者のニーズを満たしているかどうかを調査するものです。 例えば、地域によって消費者に好まれる色は商習慣や文化によって異なる場合があり、中国では赤や金色は縁起の良い色とされていますが、日本では赤や金などの色は派手で、日常生活ではあまり好まれないとされています。 このように、現地の消費者のニーズを把握し、現地の消費者の意見を収集し分析する必要があります。 現地に直接出向いて消費者の声を聞くことができればベストですが、それには時間と人手がかかってしまうので、現地調査をアウトソーシングするなどしてコストと時間を削減しましょう。 1-2. 価格調査 現地のニーズを把握したら、次に商品や製品の適正価格を決めるための調査を行う必要があります。現地の物価や商習慣、競合商品の価格などを調査し、商品や製品の適切な価格を決定します。 地域の店舗やオンラインマーチャントで販売されている商品の調査を行いましょう。地域を特定し、特定の商品の店頭価格をリストアップすることで、商品を販売する際の適切な価格を導き出すことができます。 1-3. 競合調査 競合調査は自社の製品や商品と提供する価値の類似性を調査するものです。商品やサービスが店頭で販売されている場合はその店頭で、ネットで販売されている場合はネットショップで調査を行い、それらの競合商品・サービスの価格、提供価値、認知度などを調べます。また、競合する製品やサービスが複数ある場合は、それらが自社事業にどの程度の影響を与えるかを調査します。 1-4.トレンド調査 SNSの普及により、流行やトレンドはあらゆるところで急速な勢いで消費されています。SNSによる拡散のスピードが速いため、どの地域で何が流行っているのかを知ることは困難とも言えますが、特定の地域で何が流行っているのかを知ることの重要性は変わらないため、トレンド調査は必ず実施しましょう。SNSによるトレンド調査なら現地に赴く必要性も低く、日本からでもコストをかけずに調査可能です。 2. 商品価値の決定 ニーズ調査、価格調査、競合調査、トレンド調査を行ったら、それらの結果を分析して、現地で売れる商品にするための商品内容の変更、価格決定、プロモーションの方向性を決定します。 ここで重要なのは、「現地の文化に最適化すること」と「競合と差別化すること」です。日本ではよく売れるが、その魅力をそのまま伝えるのは難しい商品もあれば、現地の文化とは異質と思われる商品でも、独自の価値を持っているものもあります。 最新技術や芸術的要素など、独自の価値を持つ一部の商品を除いて、すべての商品には競合他社が存在するので、競合他社が、現地で何を、どのような価格で、どのような価値を提供しているかによって、海外ビジネスの成長度合いは大きく左右されるでしょう。調査結果を分析し、市場における自社製品の価値を見極めましょう。 3. 流通の仕組みづくり 商品の価値が決まったら、実際に現地で販売するための流通システムを構築します。 店舗で販売する場合は、国内から店舗に商品を発送し、店舗に置くための流通経路を設定する必要があります。発送方法にもたくさんの選択肢があるため、貿易専門企業やトレーダーと相談しましょう。 4. 販売促進 現地で販売することが決まったら、商品のプロモーションが必要になります。現地での認知度を上げるための施策が必要ですが、このプロモーション施策のうち、メディアにお金を払うものを広告と呼び、それ以外をマーケティング活動と呼ぶのが一般的です。マーケティング活動の中でも、海外オンラインマーケティングは、今の時代に合った、コストを抑えながら実施できる施策ですので、ここからは具体的な海外オンラインマーケティングの手法を紹介します。 海外オンラインマーケティングとは 海外オンラインマーケティングとは、自社の製品やサービスが日本以外の海外でも売れるような仕組みをインターネット上に構築することです。海外のインターネット利用者人口は増え続けており、インターネット上で情報を発信することで、より多くの人に自社の製品やサービスを見てもらいやすくなります。 日本に拠点を置く企業は、日本国内のお客様とはつながることができても、海外に住んでいる人とはリアルにつながることができません。そこで、インターネット上で自社の商品やサービスとお客様を結びつけることで、海外に住んでいる人にアプローチし、より多くのお客様との繋がりを構築していきましょう。 海外向けWebマーケティングを成功させるための4つのマーケティング戦略 1. SEO対策 海外のWebマーケティングにおいて、自社の商品やサービスをターゲットに広める最もメジャーな方法が検索エンジン対策、つまりSEO対策です。現在、検索エンジンの世界シェアはGoogleが独占しているため、検索エンジン対策はGoogle検索エンジン対策とも言えます。海外のターゲットが自身のインターネット端末で目的のキーワードを検索した際に検索結果に自社の商品やサービスが表示されるようにするために検索エンジン対策を行っていきましょう。 SEO対策では、ターゲットとなるユーザーが検索するキーワードと自社の商品・サービスをマッチングさせ、そのユーザーが求める情報やニーズを満たすコンテンツ、つまり満足度の高いコンテンツを掲載することが必要です。現地の人が求めている情報をわかりやすく提供すること、そして、現地の人にとって有益で満足度の高いコンテンツを作ることが、検索エンジン対策として最適といえます。そのため、海外で行う場合は、ターゲットとなる現地の人に、現地の言葉で有益なコンテンツを書いてもらうとよいでしょう。注意点としては、日本人が求める情報と海外の現地の人が求める情報は異なる場合があるということです。ある商品やサービスの訴求ポイントが、日本の人と海外の人とでは異なる場合があるので、ターゲットとなる現地の人々がどのような情報を求めているのかを十分に調査し、より効果的なコンテンツを作成することが重要になってきます。SEOのためにWebページを作成する場合、ページコンテンツとしてテキスト、画像、動画のどれが最適かは、国や地域、文化、通信環境などによって異なり、画像のイラストの色やスタイルも様々で、日本のターゲット層にとって魅力的な画像と、外国人観光客にとって魅力的な画像は異なる場合があるので、これらも現地専門家のサポートを受けながら進めていくのが良いと言えるでしょう。 また、SEO対策はドメイン単位で行う必要があります。例えば、1つのドメインに複数の言語が含まれている場合、言語ごとにドメインを分けてサイトを作成しないと、せっかく良いコンテンツを作成しても検索順位が下がってしまう可能性があるので、複数の国や地域でSEO対策を行うには、ドメインを分けてサイトを作成してからコンテンツを作成することが重要です。 2. SNS対策 Read more…

オンラインマーケティングで美容室の集客率アップ!

【簡単解説】IT業界とは|職種や仕事内容、未来をわかりやすく解説 オンラインマーケティングで美容室の集客率アップ! 「美容室の集客率、新規顧客数が伸び悩んでいる」 「技術には自信があるのに、利益向上につながらない」 美容室にとって効果的なオンラインマーケティング法が知りたい 上記のようなお悩みをお持ちの美容室オーナー、スタッフの方必見! 競争が激しい美容業界で集客を増やすためには、オンライン上のマーケティングによる戦略が不可欠。日本でも海外でも、多くの美容室や美容サロンがオンラインマーケティング法を利用することによって新規顧客の獲得を目指しています。この記事では、そんな美容室における最新オンラインマーケティング情報をご紹介します。 美容室のオンラインマーケティング法の種類 オンラインマーケティングにはいくつか種類があり、その代表的なものをご紹介します。それぞれの方法の特徴やメリット・デメリットを把握した上で、より効率的に集客・利益アップにつなげましょう。 自社ホームページ・ブログの作成 お店の特徴、こだわり、スタッフの紹介など独自の情報を掲載することによって集客を図るマーケティング法。ホームページのデザインや見やすさも顧客にアピールする重要なエッセンスです。スタッフによるブログ記事をこまめにアップしたりSEO対策を念入りにしてWeb上で上位に表示されれば、そこからも顧客を獲得できます。 SNSの運用 InstagramやFacebook、Twitter、LINEなどのソーシャルメディアは、今やオンラインマーケティング戦略の定番。ヘアカットの画像や動画などを配信したり、お得な情報やイベント情報の記載も記載できるほか、顧客と店舗と直接のやり取りもできるので、さまざまな綿からアプローチすることで顧客獲得につながります。顧客が店舗を気に入ってくれた際には、レビューを書いてもらったり口コミによってファンを獲得できます。 インターネット広告 インターネット広告とは、美容室の広告をweb上に掲載するオンラインマーケティング戦略のことです。ほかのサイトにバナーやテキストを載せるディスプレイ広告、SNSに載せるSNS広告、プロモーション動画などを公開する動画広告などの種類があります。広告費用はかかりますが、比較的簡単にでき、SEO対策をしっかりすれば集客率アップが期待できます。 Googleビジネスプロフィール Google Map上やGoogle検索エンジン上に美容室の情報を掲載し、店舗をアピールするWeb集客ツール。検索エンジンで上位に表示されると顧客の目を引きやすくなるため、新規顧客獲得につながります。また投稿機能を利用することで、リアルタイムでのイベントやキャンペーンなどの情報を記載することもできます。近年Google上の地図から美容室を検索する人が増えているので、重要なオンラインマーケティング集客法のひとつとして注目されています。 MEO対策 MEOとは、Map Engine Optimizationの略であり、Googleビジネスプロフィールと併用することによって大きな効果をもたらす施策。MEO対策をすることにより美容室サイトへのアクセスや閲覧数が増え、予約件数も上がった事例も多々あります。SEO対策よりもハードルが低く費用が掛からないという点で、オンラインマーケティング戦略初心者にも人気が高まっています。 アフィリエイト 人気ブロガーやインフルエンサーと呼ばれる人に美容室の宣伝をしてもらうのがアフィリエイト。InstagramやTiktokなどで多数のフォロワーを持つインフルエンサーに対し、成果報酬を設定して以来するのが一般的です。「美容室に来店してくれた数の報酬を支払う」などの条件を設定すれば、広告費用の効率化にもなるため多くの美容室が力を入れているオンラインマーケティングです。 ポータルサイト ポータルサイトは、美容室や美容サロン専門の情報掲載コンテンツ。美容室の基本情報とともに、施術メニューや料金、スタッフの紹介などが掲載でき、実際に予約ができるポータルサイトを選ぶのがおすすめです。ポータルサイトにはたくさんの店舗が登録されているので、お得なクーポンや口コミ投稿を積極的に掲載しながらほかの美容室との差別化を図る必要があります。 美容室のオンラインマーケティング戦略についてご紹介しました。美容室は地域特化型のビジネスであるため、オンラインマーケティングにおいても、地域に特化したサービスを用いての戦略がカギとなります。まずご自身の美容室の規模や特徴を把握し、顧客のターゲット層を明確にすることが重要であり、その上で最も効率的なオンラインマーケティング法を駆使することによって新規顧客やリピーターの獲得につながるのです。

家具・家電販売ビジネスのオンラインマーケティング法

【簡単解説】IT業界とは|職種や仕事内容、未来をわかりやすく解説 家具・家電販売ビジネスのオンラインマーケティング法 コロナウイルスがまん延している昨今の世の中、外出を控えて家で時間を過ごす人が増えています。そんな「おうち時間」を充実させるため、お部屋の家具や家電を新調したいと考えている方も多いのではないでしょうか?それに合わせて、インターネットやSNSでは、家具や家電の情報を発信しているものも多くなっています。今回は、家具・家電のオンラインマーケティングを効果的に行う方法を紹介します。 家具・家電を効果的に宣伝するにはいくつか方法があります。 SNSアカウントからウェブサイトに誘導する デジタル広告を流す ウェブサイトのSEO対策を強化する 商品をオンラインで販売する キャンペーンを行う この記事では、以上の方法を紹介します。 家具・家電ビジネスのオンラインマーケティングの基本 現在最も主流になっているのは、SNSアカウントの運用です。今日では、インスタグラムなどの画像投稿サイトで情報を発信・収集する人が多くなってきました。家具・家電のブランドが、自社のブランドカラーを最大限発信するアカウントも増えています。家具・家電について紹介するだけでなく、その家具・家電を用いた生活例を紹介することでユーザーに親近感を持たせる投稿が注目を集めています。 SNS広告 インスタグラムやツイッターなどで広告を流すことで、家具・家電に興味を持ってもらい、購入を促す方法もあります。商品と家具のコーディネートを紹介している投稿に、商品ごとにタグ付けして、ショップページに紐づけておくことで、ユーザーがすぐに商品にアクセスすることができます。 SEO対策 SEO対策はオンラインマーケティングにおいて基本的なことですが、地道にコツコツ行うことで大きな効果を出せます。最初は効果が出ずにやきもきするかもしれませんが、気長にSEO対策を行いましょう。時間はかかりますが、必ず効果が出ます。 オンライン販売 商品を実店舗だけでなく、オンラインサイト上でも販売することで更なるビジネス拡大に臨めます。お店にいかなくても商品が買える!という利点で、これからもより多くのユーザーがオンラインショッピングをすることでしょう。オンラインショップを開く際には、ユーザーが買いたくなるような写真を撮影し、商品の魅力を分かりやすく説明するのが重要になるでしょう。 キャンペーン キャンペーンを行うことによって、より多くのユーザーを獲得することができます。オンラインショップで購入すると◯%オフ、SNSフォローすると◯%割引など、ユーザーの興味を引くような内容でキャンペーンを行うのが効果的です。キャンペーンを行うにあたって、SNSフォローやシェアなど、さらに多くのユーザーに見ていただけるような内容にすると良いでしょう。 マーケティングを行う際のポイント オフライン・オンラインを混ぜる マーケティングにおいて、オンラインの方法だけでなく、オフラインのマーケティング方法も同時並行として行うことで、最大の効果を得られることができます。いくらユーザーのインターネット利用が増えてきたとしても、人間はオフラインのコミュニティで生きており、オフラインでの広告は十分効果的だからです。 コンテンツマーケティング コンテンツマーケティングとは、動画・口コミ・レビュー・イベントなどのコンテンツを作成し、発信することでユーザーに商品を宣伝する方法です。オンラインショップで運営するブログや、SNSのツイッター、インスタグラム、フェイスブックで行いましょう。コンテンツマーケティングの良い点は、コンテンツが増えることによって、蓄積が増えることです。魅力的なコンテンツを発信し続けることで、根強いファンを獲得することができます。 aiTWorksは貴方のアメリカ進出をサポートします 人材、マーケティング、ITサポート、法律、会計、不動産など、どのビジネスにも必要なフィールドで適切な専門家と連携しながらアメリカ進出をサポートします。私たちと一緒にアメリカで成功を掴み取りましょう。 個人起業についてはこちら 企業アメリカ進出についてはこちら

【海外オンラインマーケティング】成功へのポイントをご紹介

【簡単解説】IT業界とは|職種や仕事内容、未来をわかりやすく解説 【海外オンラインマーケティング】成功へのポイントをご紹介 日本のインバウンド訪日客や景気停滞などの影響で海外進出を希望するビジネスが増えています。海外で新たにビジネスを拡大するためには、正いマーケティングが重要です。 海外進出を目指そう そこで本記事では、実際に結果の出る海外オンラインマーケティング戦略や進め方などを詳しく説明します。 海外マーケティングの重要性・利点 SNSの普及によってネットショッピングが手軽にできる時代で販売業の競争率はますます激しくなっています。無限に既存するオンライン広告の中から自社のサービス・商品をどのようにしてわかりやすく知ってもらい、リピーターや新規顧客の集客に繋げるのか。 特に海外でマーケティングを行う最大のメリットとしては、実際に店舗を出してオフラインでマーケティングを行うよりも大幅にコストを削減でき、スピードを重視して対策できるというところです。 また、オンライン上で実際の正確な数値を確認する事ができ、問題点と改善点の分析がオフラインと比べると明確になります。顧客との問い合わせもダイレクト繋がり、そこからユーザーの分析も図る事ができるという利点もあります。 海外進出に向けたマーケティング戦略の進め方 オンラインマーケティングを最短で的確に成功させるためには効果的な流れに沿ったマーケティング戦略が必要です。「誰に」「何を(どんなサービス・商品)」「どうする(どのように提供するか)」をより明確化するために初めの海外進出の目的を設定します。その後、顧客の調査や分析に加えて自社が今置かれている現状と環境についての情報を分析します。こうすることで、戦略方法と顧客層の明確化が図ります。そして、ターゲットに対して提供できるサービスを定め、どのようにサービスを届けるのかを決定します。全て明確にし終わった後に自社サイトを作成し、効率的かつ効果的な営業戦略をはかります。 ①海外進出をする目的の明確化 ②情報収集と分析 ③提供価値の決定 ④自社サイト(オウンサイト)の作成 海外オンラインマーケティング手法5選 SEO対策 SEO対策は、海外でターゲットがインターネットでキーワードを検索した際に、自社のサービス・商品が上位に表示させる対策です。検索ユーザーを自社サイトにより多く集めることが最大の目的です。効果が出るまでに時間がかかりますが、低コストで長期的にマーケティング成果を期待できる手法の一つです。 SNSマーケティング インスタグラムやツイッターなどの各ソーシャルメディアを活用し、サービスや商品を促進するマーケティング手法です。国と地域によってユーザー数や利用率が大きく異なります。また、SNSの中でも交流をメインとするもの、ビジネス寄りのものとターゲットによってうまく使い分ける必要がある為、事前の自社環境の情報収集・分析が重要です。 動画マーケティング オンラインマーケティングの難点は、実際に自社のサービスや商品を直接お客様に提供することができないということです。リアルな使用感や体験を提供するためには、自社のターゲット層に入るような人に実際の商品を使用してもらい、その情報を発信してもらうことです。さまざまな言語で動画を配信することで、より多くの国をターゲットにしたマーケティングも実現できます 口コミ・レビューマーケティング GoogleマップやYelpなどのターゲットがよく閲覧するサイトやアプリに自社の商品やサービスの口コミやレビューを記入してもらうことで、新規顧客の集客に繋げます。海外に進出した企業からすると、現地の方々にリアルな感想を自社のアカウントに記入してもらうことは大きなステップです。若い世代になればなるほどメディアの情報よりも口コミなどの信頼できる意見を参考にするため、より事前の情報収集が大切です。 リスティング広告 リスティング広告とはGoogleの検索エンジンにおいて検索結果に応じて広告を表示する手法です。国や地域によってどのようなキーワードで検索されやすいのか分析した上で、検索結果に合うような広告文を掲載する事で効果の出るリスティング広告を実現できます。実際に、閲覧者が広告から自社サイトに移動した際にシンプルで分かりやすいウェブサイト出ないと効果がないため、自社サイトのシンプルさ、見やすさも重視されます。 海外進出を目指す方に向けたオンラインマーケティング戦略と進め方について詳しく紹介しました。効果的なマーケティング戦略は国やターゲット層によって幅広く異なります。本社では、それぞれの企業様にあったマーケティング対策サポートを行なっております。 ご相談や質問などございましたらお気軽にご相談ください。

小売業者必見!オンラインマーケティングで集客を目指す方法

【簡単解説】IT業界とは|職種や仕事内容、未来をわかりやすく解説 【小売業者必見】オンラインマーケティングで集客を目指す方法 オンラインショップ、店頭販売など顧客に対して直接商品を販売する小売店にとって、効果的な集客マーケティングを取ることは必要不可欠です。 近年、パンデミックや人口減少、景気後退などの理由により安定した新規顧客を得ることが難しくなってきているのが現状です。 小売事業で集客力をアップさせよう さまざまな角度からマーケティングを行うことで集客力アップを目指しましょう。本記事では小売業における集客を目指したオンラインマーケティング戦略を詳しく解説します。 小売マーケティングへのステップ 小売マーケティングとは、顧客に自社商品やサービスに興味を持ってもらい購入へ導かせつ事と定義されています。マーケティングの主なポイントとは業種や小売業などに限らず、以下の4つに統一されています。 マーケティングの4P 製品(Product) 価格(Price) 場所(Place) プロモーション(Promotion) これらの要素を理解しバランスよくプロモーションすることで、小売業は自社の顧客のターゲットをより細かく絞る事ができ効果的な集客・売上につなげることが可能になるのです。例えば、商圏範囲をリサーチすることで会社の周囲にどのような支店が存在し、どのような顧客が集まりやすいのか理解する事ができます。家族層や学生、一人暮らしなど顧客を絞り込むことで、それぞれに適したアプローチに繋がります。 オンライン集客法5選 顧客が初めて店舗に足を運ぶきっかけとして、店舗からの情報発信は大きな影響を与えます。以下は集客に役立つオンラインでのマーケティングアイデアを紹介します。 自社サイト(ホームページやブログ) ホームページは店舗の過言ではありません。自社の強みや魅力をアピールできるホームページを作成することでまずはお店を知ってもらう機会を増やすことに繋がります。ホームページを運営する場合に必要とされるのはドメイン使用料とレンタルサーバー利用料です。これに加え、検索エンジンで自社サイトを上位に持ってくるためのSEO対策の知識も必要になります。 その一方、ブログは比較的初心者でも簡単に更新する事ができ費用もかからないため、自分に合うサービスを利用し徐々に知識を深めていくと効率が良いでしょう。 SNSの配信 SNSは情報手段として日常的に幅広い世代で活用されています。顧客ターゲット層がSNSによって異なるため、多くの企業がソーシャルメディアを使い分けてマーケティングを行なっています。例えばインスタグラムを活用することでフェイスブックやツイッターと比べてブランドをビジュアルコンテンツとして伝えやすくなります。ストーリーやハッシュタグをバランスよく使いこなし閲覧者増加を狙えます。 また近年ではユーチューバなどのインフルエンサーを活用して広告活動をする企業も増えています。顧客にとってランダムに出てくる広告よりも自分の支持するインフルエンサーからお勧めされた商品の方が、消費者にとって信頼があります。さまざまな方法がある中、ターゲット層や地域にあったSNSマーケティングを活用しましょう。 アプリを活用 リピーターの集客を目指す際には、顧客の特性や地域性を理解する必要があります。独自のアプリを展開することで、顧客分析やセール情報の発信、クーポン配布を同時に行うことができます。また、アプリの大きなメリットとして自動的に最新情報のお知らせプッシュ通知などができるため。定期的に顧客に広告を行うこともできます。 店舗情報の登録利用 店舗情報をGoogleマップなどに登録することで、店舗情報と場所が同時に画面に表示されます。これはGoogleが提供する「Googleマイビジネス」というサービスの一環です。このビジネスプロフィールに登録する事でGoogle検索とマップからの管理を同時にする事ができ、地域名とキーワードで検索する際に大いに活用できます。 小売業者の集客に向けたオンラインマーケティングについてご紹介しました。ウェブサイトやSNSを活用したマーケティングはI Tが進む今とても重要です。本社で、効果的にSEO対策やアプリ開設を目指す方に向けてマーケティング戦略をサポートしています。 ご相談や質問などございましたらお気軽にご連絡ください。

効率的に集客!治療院のオンラインマーケティング方法

【簡単解説】IT業界とは|職種や仕事内容、未来をわかりやすく解説 効率的に集客!治療院のオンラインマーケティング方法 「治療院のマーケティングって何をすればいいのか分からない…」 「他院との差別化を図りたい」 「オンラインマーケティングの効果が実感できない」 などの悩みを抱えている治療院の方も多いのではないでしょうか?マーケティングを行っているのに集客が上手くいっていない原因は数多く考えられますが、それにはユーザーのターゲット層とマーケティング方法のズレがあるからかもしれません。この記事では、治療院のオンラインマーケティングで確実に効果を出す方法を紹介します。 治療院のオンラインマーケティングの基本 オンラインマーケティングを行っているにも関わらず治療院の集客が上手くいかない理由には以下の3つが考えられます。 ・ユーザーのターゲットが絞り込めていない ・集客のパターンがバラバラ ・インターネットを活用できていない 治療院を利用しているユーザーが、なぜ治療院を利用するのかを考えると、身体のどこかに症状があり、それを改善するために通院しているとみて良いでしょう。その時、どのような症状にも対応できる治療院は他院と差別化できません。自分の治療院の強みは何かを考え、ユーザーのどんな症状・悩みを解消できる治療院なのかを明確にするのが重要です。 集客のパターン 集客のパターンは大きく分けて3つあります。 ・新規顧客の獲得 ・過去に来院したユーザーを呼び戻す ・リピーターを獲得 治療院に行こうか悩んでいる方、もしくは既存の方と分けて考える必要があり、その目的が不明瞭だと活動もバラバラになり、効果が薄くなってしまいます。前者に対しては、まず自分の治療院を知ってもらうようなマーケティング、そして後者に対しては、アフターフォローのマーケティングが大切です。 ホームページの更新 ホームページを持っている治療院は多く存在していますが、それを更新している方は少ないのではないでしょうか。開業当時からホームページが更新されていないと、古い情報を発信してしまい、ユーザーに不安感を抱かせる原因となります。ホームページは魅力を知ってもらうのに最適な手段です。こまめに治療院の雰囲気や施術の様子などを更新し、ユーザーに来院しやすい環境を作るのが良いでしょう。ブログやSNSでこまめに治療院の日常を発信するのも、リアルタイムで情報にユーザーが触れることができ、効果的です。 オンラインマーケティング オフラインのアナログなマーケティング方法(例:チラシ、フリーペーパー、車内広告など)も存在していますが、インターネットが普及している昨今の世の中では、インターネット上でオンラインのマーケティングを行うのも重要です。例として ・Googleマイビジネスに登録し、Googleマップに治療院を表示させる ・ホームページをこまめに更新し、ユーザーに最新情報を伝える ・ポータルサイトに登録し、必要ならば広告も出すことでより多くのユーザーに認知される仕組みを作る ・SNSを活用する 等があげられます。 マーケティングを行う際のポイント 自分の治療院の強みをアピールする 集客を行うには、自分の治療院の強みを知った上で、それを分かりやすくユーザーに伝えることが大切です。自分を知るには、他人を知るのが大事と言いますが、マーケティングにも同じことが言えます。競合の治療院についてリサーチしましょう。専門分野、価格帯、営業時間をチェックし、他の治療院がどのような症状を治療しているか確認しましょう。他の治療院がどのように運営しているかを見て、それなら自分の治療院はどのようなポジションで運営していくかの戦略を考えましょう。 オンライン教室・講座を開催する 無料のイベントはユーザーに喜んでもらえるものの一つです。自分の治療院が特化しているテーマに対して、無料のイベントを開催することによって、治療院に足を運ぶきっかけになります。また、そのイベント参加者限定で、治療院で使えるクーポンなどを用意しておくと、さらに足を運ぶようになるかもしれません。 コンテンツマーケティング コンテンツマーケティングとは、動画・口コミ・レビュー・イベントなどのコンテンツを作成し、発信することでユーザーに商品を宣伝する方法です。オンラインショップで運営するブログや、SNSのツイッター、インスタグラム、フェイスブックで行いましょう。コンテンツマーケティングの良い点は、コンテンツが増えることによって、蓄積が増えることです。魅力的なコンテンツを発信し続けることで、根強いファンを獲得することができます。 aiTWorksは貴方のアメリカ進出をサポートします 人材、マーケティング、ITサポート、法律、会計、不動産など、どのビジネスにも必要なフィールドで適切な専門家と連携しながらアメリカ進出をサポートします。私たちと一緒にアメリカで成功を掴み取りましょう。 個人起業についてはこちら 企業アメリカ進出についてはこちら

卸売・小売業の効果的なオンラインマーケティングについて

【簡単解説】IT業界とは|職種や仕事内容、未来をわかりやすく解説 工務店のオンラインマーケティング基礎と施策 この記事を読んでいる方は、「卸売」「小売」に興味があるのではないでしょうか?この記事では、卸売や小売について、そしてそのオンラインマーケティングの効果的な方法について詳しく紹介しています。 卸売とは? 「卸売」とは、製造業(=メーカー)から商品を仕入れて、それを小売業者へ販売することを言います。つまり、製造業者と小売業者を取り持つビジネスのことです。 小売業とは? 「卸売」とは、製造業(=メーカー)から商品を仕入れて、それを小売業者へ販売することを言います。つまり、製造業者と小売業者を取り持つビジネスのことです。 オンラインで卸売・小売業を始めるには? インターネットが普及している現代社会では、実店舗を持たずともオンライン上で卸売・小売業を行うことが可能になってきています。ここからは、卸売・小売業をオンラインで始める方法を解説します。 販売する商品やジャンルを決める インターネットでの情報収集や実店舗にも足を運んで、自分がどのような商品を取り扱いたいかを決定しましょう。売りたい商品を細かく決めると、後でスムーズに開業することができます。メーカーやブランドの名前を控えておいて、あとで関連商品を探すのも良いでしょう。商品へのこだわりや熱意をユーザーに伝えるために、自分が心からおすすめできる商品や、愛着を持つジャンルの商品を仕入れましょう。 商品を仕入れるには、展示会に行くのも方法の一つとしてオススメです。展示会は一般の消費者向けではなく、メーカーや問屋、卸売・小売業者に向けて、メーカーが売りたい商品を展示し、その場で売り込みをするイベントです。展示会では、メーカーがサンプルやカタログを配っていることが多いので、具体的に商品のことをイメージできます。 ネットショップを立ち上げる 仕入れる商品が決まってきたら、早速ネットショップを立ち上げましょう。ネットショップ立ち上げには、ショップのコンセプトを決めるのが重要になってきます。また、ネットショップで必要となる機能が全て備わっているかどうかも大切です。あまりにも機能が多すぎると、ユーザーも混乱してしまうので、必要な機能だけを取捨選択してシンプルなものに仕上げましょう。 ネットショップの設定が終わったら、売りたい商品を実際に登録しましょう。この工程の際には、商品の画像、説明書きを一括で登録できるように、データ化して同じ場所にまとめておくのがオススメです。商品の説明や価格に入力ミスがある場合は、ユーザーからのクレームの源になりかねないため、慎重に入力しましょう。 また、商品を実際に見られないオンラインショップでは、商品の写真がユーザーにとって商品を選ぶ大きな要素となります。ですので、商品の写真撮影は、写真をより綺麗に見せるためのカメラ、ライト、背景などに力を入れましょう。撮影後のデータを加工アプリで加工するのも重要な工程です。 ネットショップをオープンする前に、自分で商品を購入すると、ユーザーがスムーズに購入できるか、受注・決済・配送の処理が滞りなく行われるか等を確認することができるので、行うのをおすすめします。 卸売・小売業への効果的なオンラインマーケティング方法 ネットショップを立ち上げたら、次に行うことはマーケティングです。実店舗がないオンラインショップは、オンライン上での宣伝をしなければお店の存在をユーザーに知ってもらうことはできません。ここでは、その方法をいくつかご紹介します! ポータルサイトでの広告掲載 ポータルサイトとは、ヤフーやグーグルといった検索エンジンのことを指します。ユーザーがインターネットにアクセスする入り口です。ポータルサイトに広告を掲載することで、たくさんのユーザーにお店を認知してもらえます。自社のホームページの改善なしで集客することが可能です。 広告を掲載する際のポイントは、自分のオンラインショップの特徴、強みやコンセプトを活かせるサイトを選ぶと、広告を見た人の中でもより多くの人にお店を訪れてもらえるかもしれません。また、ポータルサイトの広告に依存し過ぎないようにしなければ、ポータルサイトの集客力が落ちた場合には、集客力がガタッと落ちてしまうので注意しましょう。 コンテンツマーケティング コンテンツマーケティングとは、動画・口コミ・レビュー・イベントなどのコンテンツを作成し、発信することでユーザーに商品を宣伝する方法です。オンラインショップで運営するブログや、SNSのツイッター、インスタグラム、フェイスブックで行いましょう。コンテンツマーケティングの良い点は、コンテンツが増えることによって、蓄積が増えることです。魅力的なコンテンツを発信し続けることで、根強いファンを獲得することができます。 SEO対策 Webマーケティングの施策として基礎中の基礎であるのが、SEO対策です。ホームページをポータルサイトの検索上位に表示させるための方法です。検索エンジンが持つアルゴリズムを勉強し、自分のオンラインショップが検索上位に来るように対策を行いましょう。時間はかかる施策ではありますが、ホームページへのアクセス数が増加し、ユーザー数も増加するため、非常に有益と言えます。 目的を設定してマーケティングを行うと、効率よく成果をあげることができます。コストを無駄にしないためにも、自分のコンテンツ・オンラインショップの強みを知って、ユーザーのターゲットを見極めることで、ニーズに見合ったビジネスを行うことができます。 aiTWorksは貴方のアメリカ進出をサポートします 人材、マーケティング、ITサポート、法律、会計、不動産など、どのビジネスにも必要なフィールドで適切な専門家と連携しながらアメリカ進出をサポートします。私たちと一緒にアメリカで成功を掴み取りましょう。 個人起業についてはこちら 企業アメリカ進出についてはこちら

工務店のオンラインマーケティング基礎と施策

【簡単解説】IT業界とは|職種や仕事内容、未来をわかりやすく解説 工務店のオンラインマーケティング基礎と施策 「工務店の効果的なマーケティング方法を知りたい」 「ホームページでの集客が思ったより少ない」 「Webで集客するには具体的に何をすればいいのか分からない」 このようなお悩みは、工務店の集客をより効率的にしたい時に出てきますよね。工務店のマーケティングには、抑えるべきポイントがあるのをご存知ですか?そのコツを踏まえた上で、最短で効率よく集客を行うことが可能です。この記事では、そんな工務店のマーケティングのポイントについて解説していきます。 マーケティングとは? まず、マーケティングとは「ものが売れる仕組みを作ること」です。工務店の場合は、「家づくりをしたい人たちに、自社のことを効率的に知ってもらい、受注をしてもらうこと」となります。はじめのうちは難しく感じるかもしれませんが、マーケティングの基礎知識が備われば、自社に何が足りておらず、何をすれば自社のことを人に知ってもらえるのか、などの具体策が思いつくようになります。 マーケティングは、ただ闇雲に施策を行うだけでは非効率的で、思ったよりも成果が出ません。大事なのは、まずマーケティングの基礎を抑えた上で、アナログの施策とオンラインの施策をバランスよく行うことです。なぜなら、私たちはアナログとデジタルが混在している社会で生きているからです。 アナログとデジタルマーケティング 具体的に、アナログマーケティングとデジタルマーケティングの方法にはどんなものがあるのでしょうか? オンラインマーケティング ホームページ経由で問い合わせ ポータルサイト(例:SUUMOなど情報まとめサイト)経由で問い合わせ Webに出す広告経由で問い合わせ 自社ブログ経由で問い合わせ 公式SNSを運用し、自社の認知度を上げる また、アナログ施策としては チラシ経由で問い合わせ 看板や建築幕で知名度を上げる バスや電車、タクシーなどの車内広告 住宅展示場などのイベント 勉強会や講演会(セミナー) 営業部のダイレクト営業による受注 などがあります。 アナログマーケティングだけではダメ!? アナログマーケティングだけではダメかというと、下記のような理由が考えられます。 現代の人は新聞などのアナログ媒体ではなく、インターネットやSNSから情報収集をするようになった ほとんどの人がスマートフォンを持つようになり、インターネットに触れる時間が長くなった コロナウイルスの影響で、オフラインでのイベントを開催するのが厳しい状況が続いている マーケティングの基本3選 工務店のマーケティングを行うにあたって、必ずはじめにやっておくべきマーケティングの3ステップがあります。これは、マーケティングに着手する前に行っておきたい準備ですので、具体的に集客をする前に押さえておきたいポイントとなります。工務店によっては、この工程に時間がかかることもあるかもしれませんが、工数がかかってでも基盤づくりとしてしっかり行いましょう。 ターゲット層とペルソナの決定 自社がターゲットとしたい顧客層と、そのターゲットとなる人物像を固めておきましょう。この人物像のことを「ペルソナ」と言います。工務店では、「自社が行うサービス(=家づくり)をどんな人に提供したいか」ということです。 このペルソナを決める時のポイントは、できるだけ分かりやすく、具体的にイメージすることです。例としては、「年収は約◯◯◯万円、家族構成は夫・妻・子供が◯人、夫は◯◯系の企業に勤めていて、役職は◯◯、趣味は◯◯…」という風に、できるだけ具体的にすることが重要です。誰でも想像ができるようなペルソナが出来上がったら、それを工務店のスタッフ全員と共有して、自社のターゲット層が会社内でブレないようにしましょう。社員全員が同じペルソナ像を共有し、意識をできるだけ同じにしてマーケティングを行うのがポイントです。 現状分析 ペルソナ像が決まったら、次は「自社の現状分析」を行います。マーケティングを始めるにあたって、自社の現状を知ることはとても大事です。スタートを知ることで、ゴールを明確に決めることができます。 自社の現状と課題 ストロングポイントとウィークポイント などを、「SWOT分析」や「3C分析」と呼ばれる方法で行いましょう。 コンセプトを明確にする 3つ目に、自社のコンセプトを明確にしましょう。 コンセプト(=Concept)とは、日本語で「概念、構想、観念」という意味があります。工務店のコンセプトとは、「自社工務店ならではの特徴」「他工務店との違い」を分かりやすく言語化したものです。 マーケティングにおいて、コンセプトを明確にすることは一番重要といっても過言ではありません。それには2つの理由があります。1つ目は、ユーザーに自社を選んでもらいやすくするためです。工務店や家づくりメーカーはこの世に数多く存在しており、ユーザーは自分にあった工務店探しにとても苦労している現状があります。これには、インターネットの普及による情報化社会も大きく関係しています。 そんなときに、自社の強みの例として、「うちの工務店は国産の材木を使用しています」「地域密着型で、地元に寄り添ったサービスを行います」などをハッキリとユーザーに伝えることで、ニーズに合った集客が可能となります。また、コンセプトが社内で明確になることで、マーケティングのブレが起こりにくくなり、経営陣やアルバイトまで、一貫したサービスを提供することができます。コンセプトを決める際は、企業理念をベースに考えるのが良いでしょう。 オンラインマーケティングの基本的な施策 ①MEO対策 簡単に言うと、グーグルマップに自社の情報を正確に表示させることです。これを行うことによって、マップアプリ上に工務店の情報が表示されるようになり、ユーザーが検索した際に発見されやすくなります。 ②ホームページ改善 既にホームページを所持している工務店も多いとは思いますが、①ホームページがスマートフォン対応になっているか、②ホームページ内のお問い合わせページまでの導線は簡潔か、の2点がきちんと整備されているかどうかを改めて確認しましょう。 Read more…

レストランのオンラインマーケティング【飲食店向けウェブ施策】

【簡単解説】IT業界とは|職種や仕事内容、未来をわかりやすく解説 レストランのオンラインマーケティング法【飲食店向けウェブ施策】 レストラン経営者の中には 「自店の存在を知ってもらうためにどうしたらいいか悩んでいる」「集客を増やして収益性を高めたい」「Webマーケティングを始めたいが、何から始めたらいいかわからない」 と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。 TwitterやInstagramのアカウントを作成し、提供しているメニューの写真を投稿したり、キャンペーンやクーポンを配信したりする方も多いと思います。 しかし、それでも、 「SNSに投稿しても思うように集客できない」「Webで集客するにはどうしたらいいのか」 と悩む人も少なくないでしょう。 今回は、飲食店や居酒屋などの飲食店におけるWebマーケティングの重要性と主な手法を紹介します。飲食店ならではの効率的なWebマーケティングで、集客と利益アップを目指しましょう。 レストランのオンラインマーケティング ホームページ作成 レストランを探している方の中には、「渋谷 イタリアン」などのキーワード検索で、目的の飲食店を探す人が多くいます。ホームページがあれば、インターネットでレストランを探している人が自店を見ることになり、集客につながる可能性があります。 レストランのホームページには、そういった人々が探している情報を載せることを心がけましょう。例えば、次の内容はお客様が求めている情報になります。 メニューの内容 価格 営業時間、休業日 住所、エリア お店の雰囲気やアピールポイント これらの情報を掲載し、検索結果の上位に表示されれば、多くの人の目に触れることになり、多くの顧客を獲得することが期待できます。 ブログ ブログを開設したり、レストランのホームページ内にブログコンテンツを設置したりすることも効果的です。シェフやスタッフ視点のブログ記事を書くことで、インターネットで検索した人が記事を読み、集客につながる可能性があります。 記事を書く際には、できるだけ読者の目線に立って書くことが大切です。「読者が求めている情報を提供できているか」「お客様が楽しめるコンテンツか」に気を配ることで、より効果的な記事が書けるようになります。 SNS(ソーシャルメディア) ホームページやブログだけでなく、TwitterやInstagram、FacebookなどのSNSを活用する方法もあります。 Twitter Twitterは、主に140文字の短いメッセージを投稿できるソーシャル・ネットワーキング・サービスです。Twitterにはリツイート機能があり、情報拡散に高い効果を発揮するのが大きな特徴です。 しかし、話題の内容やツイート内容によっては、批判や誹謗中傷が大量に発生し、炎上する危険性もあるので、ネットマナーを守り、不用意なツイートをしないよう最低限の配慮しましょう。 インスタグラム Instagramは、写真や動画の投稿がメインのSNSです。その特性を活かし、おいしく見える料理やメニューの画像、お店の雰囲気や厨房の一コマなどの情報発信に効果的です。投稿を通じて親近感をアピールできれば、これまでお店を知らなかったユーザーの目に留まり、レストランに足を運んでくれるかもしれません。 より多くの人に見てもらうためには、いわゆる「インスタ映え」する写真や動画を投稿することが重要です。構図にこだわって撮影したり、カラーバランスを調整したりと、ある程度の写真のセンスが必要になります。 Facebook Facebookは、Webサイトのようにオフィス情報を掲載できる企業ページが作成できるソーシャルネットワーキングサービスです。文章や写真、動画を投稿することができ、Facebookユーザーがその投稿を見て集客することも可能です。 TwitterやInstagramでは、匿名性を活かして、攻撃的な言葉を発信する悪質なユーザーに絡まれる可能性があります。一方、Facebookは実名登録が必要なため、Twitterなどに比べて安心・信頼できるSNSであり、悪質なユーザーとのトラブルに巻き込まれる心配がある方におすすめです。 YouTube YouTubeは、ユーザーが自由に動画を作成・公開できる世界最大の動画サイトです。お店の味が楽しめるレシピや料理の作り方などの動画を投稿することで、認知度向上や集客につなげることができます。 YouTubeの大きな特徴は、動画の視聴回数に応じて広告料を受け取ることができるため、宣伝効果だけでなく収入にもつながることです。より多くの人に見てもらうためには、時事的な話題を取り上げる、目を引くタイトルをつけるなど、ある程度の企画力と動画編集力が必要になります。 TikTok TikTokは、15秒から1分程度の動画を投稿できるサービスです。特に10代から20代のユーザーに人気があり、高い拡散力が特徴です。 YouTubeと同様に、レシピ動画などを投稿することで、認知度を広げ、集客につなげることができますが、TikTokでは動画の投稿時間が短いため、できるだけ情報量を少なくし、内容をわかりやすくまとめる工夫が必要です。 オンライン広告 ネット広告とは、インターネット上に掲載される広告のことです。例としては、リスティング広告やGoogle広告などがあり、効果も期待できます。 リスティング広告 リスティング広告とは、GoogleやYahoo!で一般ユーザーが検索するキーワードと連動して検索結果ページに表示される広告です。 例えば、「渋谷 イタリアン」というキーワードで広告を設定すると、このキーワードを検索した人のページに広告が表示されます。 この方法は、渋谷でイタリアンのお店を探している人という具合にターゲットを絞り込んで広告を出すことができるので、集客が期待できます。しかし、多くの人が検索しているキーワードの場合、ライバル店も広告を出している可能性が高く、なかなか自分の広告が上位に表示されなかったり、高い広告料がかかったりする場合があります。 リスティング広告を利用して確実に集客するためには、ユーザーのニーズに合った広告文を作成し、他の飲食店が力を入れていないキーワードを探すなど、広告の質を高めることが必要です。 また、GoogleとYahoo!ではそれぞれ入稿ルールや広告表示方法が異なり、Google広告の場合はGoogleに、Yahoo!広告の場合はYahoo!に広告が表示されることになるので、ユーザーニーズに合わせた広告運営を心がけましょう。 Read more…