SNSマーケティングとは

投稿者: Hanae 投稿日:

【簡単解説】IT業界とは|職種や仕事内容、未来をわかりやすく解説

SNSマーケティングとは

ビジネスを成功に導く上で欠かせないSNSマーケティング。SNSマーケティングとは、SNSを活用したマーケティング手法です。スマートフォン使用者が増えるにつれて、SNSユーザーも年々増加しています。今では日常になくてはならないコミュニケーションツールとなりつつあります。無料で施策でき、多くの利用者が日々使用しているため、マーケティングのプラットフォームに最適です。顧客と直接コミュニケーションでき、拡散力によって多くのファンを獲得できます。 さらに、低価格で広告ができるため、たくさんの企業がSNSを利用しています。

SNSマーケティングに使われているソーシャルメディア

デジタルマーケティング_アメリカ市場向けサポート

各SNSでは利用者の年齢層や特徴が異なります。

  1. Instagram
  2. Facebook
  3. TikTok
  4. Twitter
  5. LINE

それぞれの活用法を一つずつ簡単に解説します。

Instagram

写真や動画投稿が特徴のインスタグラム。主要ユーザーは20~40代で、視覚で楽しめるSNSです。

「インスタ映え」する画像を投稿することによって、ブランディング効果が見られます。告知や商品紹介などさまざまな利用方法があり、食品やファッションなど、フォトジェニックな活用ができる業界に最適です。また、ノウハウ情報を投稿することによって、雑誌メディア化もできます。

インスタグラム広告

インスタグラム広告にはさまざまな種類があります。写真・動画投稿はもちろん、ストーリーズ広告やブースティング機能もあります。広告の目的、ターゲット、予算、期間などを選ぶことができるため、簡単にできます。さらに、Facebookのユーザーデータを元にして、年齢、性別、地域、職業などでターゲティングできる精度の高い広告が可能です。今ではインスタグラマーやインフルエンサーの活動が盛んで、多くのフォロワーに向けて企業PRをしてもらうことも可能です。

Facebook

世界最大のユーザー数を持つSNS。主要ユーザーは40~50代で、実名登録制のSNSです。

実名制ということでトラブルも起きにくく、ビジネスツールとして高く評価されています。Facebookでは企業のページを作り、コミュニティでユーザーとつながります。文章量の多い投稿ができるため、情報発信に有利なSNSです。さらに、ツイッターやインスタグラムと連携できる機能があり、多数のSNSを同時に展開することが可能です。

Facebook広告の強みは精度の高いターゲティングを実施することです。ユーザー情報の正確性が高いため、成果の高い広告配信ができます。Facebook広告には4つの連載先があります。

フェイスブック広告

1.Facebookではニュースフィードに配信されます。画像、動画、カーセルなどさまざまなフォーマットから選べます。

2.Facebookでつながっている人々と連絡を取れるFacebook Messengerでは受信箱や広告メッセージとして表示されます。

3.インスタグラムはFacebookが提供しているアプリなので、Facebookのデータを元にインスタグラムで広告を連載できます。

4.Audience Networkでの広告連載も可能です。Facebookが提携しているアプリやサイトに連載することで、多くのユーザーにリーチできます。

TikTok

気軽に動画投稿ができるプラットフォーム。主要ユーザーは10~20代ですが、ユーザーの年齢層の幅は広がってきています。

15秒から1分程度の動画を簡単に編集でき、音楽やフィルターなどのツールがあるため、クオリティの高い動画を制作することが可能です。求心力の高い動画を投稿することによって、ハイクオリティの訴求力でユーザーにリーチできます。TikTokはユーザーの反応率が高いため、マーケティングに有利なSNSです。流行りのBGMやダンスを取り入れ、トレンドのコンテンツに乗せることで、拡散力の高い宣伝ができます。さらに、TikTokのアルゴリズムにより、フォロワー以外のユーザーにも拡散できるので、より多くのユーザーにリーチすることが可能です。

TikTokでは広告配信プラットフォームが提供されています。TikTok広告は3つの種類があります。

TikTok広告

1.まず、起動画面広告はアプリを起動した際に表示され、認知度の向上に使われています。GIFや画像を表示できます。

2.インフィード広告はおすすめ投稿で表示される広告です。TikTokユーザーが最も閲覧するページのため、大きな宣伝効果が期待できます。

3.ハッシュタグチャレンジ広告では、ハッシュタグ機能をPRに活用することによって、拡散力が期待できます