SNSマーケティングとは

Published by Hanae Izumiguchi on

【簡単解説】IT業界とは|職種や仕事内容、未来をわかりやすく解説

SNSマーケティングとは

ビジネスを成功に導く上で欠かせないSNSマーケティング。SNSマーケティングとは、SNSを活用したマーケティング手法です。スマートフォン使用者が増えるにつれて、SNSユーザーも年々増加しています。今では日常になくてはならないコミュニケーションツールとなりつつあります。無料で施策でき、多くの利用者が日々使用しているため、マーケティングのプラットフォームに最適です。顧客と直接コミュニケーションでき、拡散力によって多くのファンを獲得できます。 さらに、低価格で広告ができるため、たくさんの企業がSNSを利用しています。

SNSマーケティングに使われているソーシャルメディア

デジタルマーケティング_アメリカ市場向けサポート

各SNSでは利用者の年齢層や特徴が異なります。

  1. Instagram
  2. Facebook
  3. TikTok
  4. Twitter
  5. LINE

それぞれの活用法を一つずつ簡単に解説します。

Instagram

写真や動画投稿が特徴のインスタグラム。主要ユーザーは20~40代で、視覚で楽しめるSNSです。

「インスタ映え」する画像を投稿することによって、ブランディング効果が見られます。告知や商品紹介などさまざまな利用方法があり、食品やファッションなど、フォトジェニックな活用ができる業界に最適です。また、ノウハウ情報を投稿することによって、雑誌メディア化もできます。

インスタグラム広告

インスタグラム広告にはさまざまな種類があります。写真・動画投稿はもちろん、ストーリーズ広告やブースティング機能もあります。広告の目的、ターゲット、予算、期間などを選ぶことができるため、簡単にできます。さらに、Facebookのユーザーデータを元にして、年齢、性別、地域、職業などでターゲティングできる精度の高い広告が可能です。今ではインスタグラマーやインフルエンサーの活動が盛んで、多くのフォロワーに向けて企業PRをしてもらうことも可能です。

Facebook

世界最大のユーザー数を持つSNS。主要ユーザーは40~50代で、実名登録制のSNSです。

実名制ということでトラブルも起きにくく、ビジネスツールとして高く評価されています。Facebookでは企業のページを作り、コミュニティでユーザーとつながります。文章量の多い投稿ができるため、情報発信に有利なSNSです。さらに、ツイッターやインスタグラムと連携できる機能があり、多数のSNSを同時に展開することが可能です。

Facebook広告の強みは精度の高いターゲティングを実施することです。ユーザー情報の正確性が高いため、成果の高い広告配信ができます。Facebook広告には4つの連載先があります。

フェイスブック広告

1.Facebookではニュースフィードに配信されます。画像、動画、カーセルなどさまざまなフォーマットから選べます。

2.Facebookでつながっている人々と連絡を取れるFacebook Messengerでは受信箱や広告メッセージとして表示されます。

3.インスタグラムはFacebookが提供しているアプリなので、Facebookのデータを元にインスタグラムで広告を連載できます。

4.Audience Networkでの広告連載も可能です。Facebookが提携しているアプリやサイトに連載することで、多くのユーザーにリーチできます。

TikTok

気軽に動画投稿ができるプラットフォーム。主要ユーザーは10~20代ですが、ユーザーの年齢層の幅は広がってきています。

15秒から1分程度の動画を簡単に編集でき、音楽やフィルターなどのツールがあるため、クオリティの高い動画を制作することが可能です。求心力の高い動画を投稿することによって、ハイクオリティの訴求力でユーザーにリーチできます。TikTokはユーザーの反応率が高いため、マーケティングに有利なSNSです。流行りのBGMやダンスを取り入れ、トレンドのコンテンツに乗せることで、拡散力の高い宣伝ができます。さらに、TikTokのアルゴリズムにより、フォロワー以外のユーザーにも拡散できるので、より多くのユーザーにリーチすることが可能です。

TikTokでは広告配信プラットフォームが提供されています。TikTok広告は3つの種類があります。

TikTok広告

1.まず、起動画面広告はアプリを起動した際に表示され、認知度の向上に使われています。GIFや画像を表示できます。

2.インフィード広告はおすすめ投稿で表示される広告です。TikTokユーザーが最も閲覧するページのため、大きな宣伝効果が期待できます。

3.ハッシュタグチャレンジ広告では、ハッシュタグ機能をPRに活用することによって、拡散力が期待できます。PRアカウントが投稿したチャレンジ動画を始め、ユーザーがチャレンジ動画を投稿する際にハッシュタグを用いて投稿するため、ユーザーと交流しながらブランドの認知度を上げることができます。

Twitter

拡散力が高く、情報収集ツールとして活用されいるSNS。主要ユーザーは10~20代で、即時性が高いのが特徴です。

ほかのユーザーが簡単に再投稿できる「リツイート」機能があるため、多くの人へ拡散できます。ハッシュタグを利用したPRキャンペーンを活用することによって、商品やサービスの訴求が行え、拡散効果を誘発できれば話題性を持たせることができます。

Twitter広告

ツイッター広告にはプロモツイート、プロモアカウント、プロモトレンドがあります。プロモツイートはタイムラインに表示される広告で、いいねやリツイート増加の目的で行われています。プロモアカウントはフォロワー数の獲得を目的とした広告です。プロモトレンドはトレンドに表示される広告で、大きいキャンペーンやイベントの宣伝に使われています。

LINE

日本人なら誰もが知っているSNS。連絡ツールとして幅広い年齢層に利用されています。

LINE公式アカウントではユーザーと企業がLINEでつながり、1:1でコミュニケーションが取れます。メッセージ配信やタイムライン投稿などの利用方法があります。また、プッシュ通知としてメッセージを送れるので情報が届けやすく、パーソナライズされたメッセージ送信もできます。さらにプロモーションやクーポンをユーザーに送信できるため、宣伝効果に期待できます。

LINE広告

LINE広告が配信される場所はさまざまです。LINE NEWSやLINEショッピングなどLINEのファミリーアプリで広告を配信できます。

SNSマーケティングの今後

snsマーケティング_アメリカ

SNSは情報収集や発信の場として欠かせないものとなってきています。それに伴い、消費者行動も変化しつつあります。デジタル化が進んでいる今、SNSマーケティングの重要度が高まっていくことでしょう。

aiTWorksは貴社のマーケティングを促進します

aiTWorksではウェブサイト構築、クリエイティブ、デジタルマーケティング、ITコンサルティングの面で貴社ビジネスをサポートします。 私たちと一緒にアメリカで成功を掴み取りましょう。

Categories: Marketing