多言語サイトを制作してビジネスチャンスを掴む

Published by matsuo on

【簡単解説】IT業界とは|職種や仕事内容、未来をわかりやすく解説

多言語サイトを制作してビジネスチャンスを掴む

「世界各国の人から閲覧される多言語サイトを制作したい!」
「だけど、多言語サイトを制作するのって難しそう」
「制作会社に依頼するにしても、多すぎてどこを選べばいいか分からない…」

近年グローバル化が進み、成長が著しいアジア圏や、英語圏での事業展開を行う企業も増えてきています。そんな中、「多言語サイトを制作したいけど、作り方が分からず困っている」という方も多いのではないでしょうか?

本記事では、このようなお悩みを抱えている方、また多言語サイト制作に興味を持ち始めた方に向けて

  • 多言語サイトとは何か
  • 多言語サイトのメリット・デメリット
  • 具体的な多言語サイトの制作プロセス
  • 効果的な多言語サイトを制作するためのポイント

について解説しています。ぜひ最後まで読んでみてください。

多言語サイトとは?

多言語サイトとは、英語など日本語以外の言語で書かれたウェブサイトのことです。

「多言語サイトを制作したいから、既にある日本語のウェブサイトを翻訳して公開しよう」と考える方も多いかもしれませんが、多言語サイトは単なる翻訳されたサイトではありません。

国・地域によって求められる内容やサイトのレイアウトデザインは大きく異なります。また、インターネット環境の違いも重要なポイントです。それぞれを柔軟に変化させたウェブサイトを作成することが、効果的な多言語サイトを制作する鍵となります。

多言語サイトのメリット

多言語サイトを制作するメリットは大きく分けて2つあります。

ターゲット層の拡大

多言語サイトを制作すると、日本人以外の方をターゲットにするのが可能となり、さらなる新規顧客獲得が望めます。国内の市場だけでは限界があると感じている方・企業には、多言語サイト制作は新たな市場開拓への第一歩となるでしょう。

競合他社との差別化

多言語サイトがあることで、クライアントに世界市場に目を向けたグローバル企業だという印象を与え、他社との大きな差別化を図ることができます。国内でのビジネスチャンスも増えるかもしれません。

多言語サイトのデメリット

メリットの大きい多言語サイトですが、考慮するべきデメリットもあります。

サイト制作にコストと手間がかかる

多言語サイトは単なる翻訳サイトではないため、場合によっては内容やサイトデザインの変更をしなければなりません。また、社内で人手が足りなかったり、サイト制作の知識がある人がいない場合は外部の制作会社に依頼することになりますが、その場合はさらにコストがかかります。

コストと手間をデメリットとして挙げましたが、クオリティの高い多言語サイトを制作することはさらなるビジネス展開のチャンスとなるため、「初期投資」と意欲的に考えた方が良いかもしれません。

多言語サイトの制作プロセス

①リサーチ

多言語サイトを最大限効果的なものにするためには、質の高いリサーチが欠かせません。市場調査や現状分析を行うことで、サイトの方向性をしっかりと定めていきます。この時に重要なのは、ターゲットユーザーの各地域や国ごとに分けて調査・分析をすることです。

②プランニング

リサーチした情報を元に、どのような多言語サイトを制作するか、ターゲットは誰かなど、多言語サイト制作の具体的な戦略を立案します。外部会社に委託する場合は、外部会社から提案された企画が本当に自分たちのやりたいことと合致しているか、方向性は同じかを検討する必要があります。

③サイト制作

コンテンツは、サイト制作の中でも一番重要なプロセスです。「どのような情報をユーザーに伝えたいのか」を軸に、コンテンツ制作を行います。日本語をただ翻訳するだけではなく、それぞれの言語や文化を完全に理解して、細かいニュアンスや言い回しに配慮するような、ネイティブ視点でコンテンツを制作します。

④多言語サイト公開・更新

多言語サイトが完成したら、いよいよインターネット上に公開します。しかし、それだけで終わりではありません。せっかく制作した多言語サイトが活用されなかったら、これまでかけた手間やコストが水の泡となってしまいます。

公開した多言語サイトを効果的に運用していくために、デザイン・コーディングガイドライン、運用ガイドラインを制作し、それに則って運営していきます。内容やデザインの修正や、定期的なコンテンツのアップデートも必要となります。

効果的な多言語サイトを制作するためのポイント

多言語サイトは大きなビジネスチャンスに繋がるものですが、その分、しっかりとリサーチを行ったり、多言語サイトを制作した後も定期的な更新が必要となったり、難しい部分もあります。

  • 自動翻訳したコンテンツをそのまま使用しない
  • 国ごとのSEO対策を意識する
  • リソースが不足している場合は外部の制作会社に依頼する

という3点を必ず意識して、効果的な多言語サイトを制作することが重要です。

まとめ

いかがだったでしょうか?

サイト制作の経験がなかったり、言語の知識がない場合は、多言語サイトを制作するのはとても大変です。

弊社ではアメリカでの起業支援を行っており、支援の一環として多言語サイトの制作も承っております。実績あるコンサルタントをはじめとして、ウェブデザイナーやプログラマーなど、様々な分野のスペシャリストが在籍しており、徹底したサポートをいたします。アメリカでの開業・独立をお考えでしたら、ぜひお気軽にご相談ください。

ビジネスコンサルティング_アメリカ

aiTWorksは貴方のアメリカ進出をサポートします

人材、マーケティング、ITサポート、法律、会計、不動産など、どのビジネスにも必要なフィールドで適切な専門家と連携しながらアメリカ進出をサポートします。私たちと一緒にアメリカで成功を掴み取りましょう。

個人起業についてはこちら

企業アメリカ進出についてはこちら

Categories: IT