製造業ホームページ制作のポイントとコンテンツ例

Published by Kazuma Sonoda on

【簡単解説】IT業界とは|職種や仕事内容、未来をわかりやすく解説

製造業ホームページ制作のポイントとコンテンツ例

デジタルマーケティング_アメリカ市場向けサポート

本記事では、製造業向けホームページ制作について解説します。

企業ホームページというと、IT業界やBtoC業界の会社が作るイメージを抱くかもしれません。

しかし、製造業でも自社ホームページを持つことにはメリットがあるので、本記事ではホームページ制作のポイントと、どのようなコンテンツを盛り込んでホームページを作ったら良いかなどの例を上げて解説します。

製造業向けWebサイト制作が重要な理由

他の業界と同様に、製造業においてもWebサイト制作は重要な取り組みです。製造業界の会社がWebサイトを作ることで、以下のようなメリットを得られます。

  1. 信頼性向上
  2. 新規顧客獲得
  3. 採用活動効率化
  4. 技術力アピール
  5. 既存顧客フォローアップ

企業の信頼性向上

自社のホームページを作成することで、企業の信頼性が向上します。会社の概要、経営理念、沿革、取引先などのほか、事業内容、実績、資格などの情報を見込み客に提供することができます。

これらの内容が分かれば、見込み客はその会社がどのような会社であるかを推測することができます。ホームページの制作は、インターネット上に企業の顔や看板を作る作業です。

見込み客とうまくコミュニケーションできるホームページは、存在するだけで企業の信頼性を高めることにつながります。

新規顧客の獲得につながる

ホームページは、新規顧客の獲得にもつながります。会社概要、事業内容、導入実績のほか、問い合わせフォームや資料請求フォームを設置することができます。

ホームページを見て興味を持った潜在顧客が、新規顧客になってくれることも多い。ホームページは、優秀な営業担当者になる可能性を秘めているのです。

また、全国に新規顧客を獲得できるのもホームページの特徴です。お客様のニーズに合ったホームページを作れば、販売エリアを飛躍的に拡大することができます。

採用活動を効率化できる

ホームページを作成することで、採用活動を効率化することもできます。求人サイトには掲載できないような情報も、ホームページには掲載することができます。

例えば、求職者が必要とする情報を掲載した特設ページを作成することもできます。

そんなページ、誰もアクセスしないと思うかもしれませんが、求人サイトで気になる企業を見つけた求職者の多くは、より詳しい情報を得るために公式ホームページを探します。

そのため、求人サイトへの掲載と合わせて求職者向けの特設ページを作れば、さらに求職者の興味を引くことができるのです。このように、ホームページを作成することで求職活動を効率化することができるのです。

技術力のアピールが可能

ホームページを利用して、自分の技術力をアピールすることもできます。ホームページでは、専門家でなければわからないような技術情報だけでなく、誰でもわかるような導入実績の紹介や、会社の技術力をイメージで伝えられるような画像や動画などを掲載することも可能です。

Webサイトを活用することで、あらゆる層に対して自社の技術力をアピールすることができます。

既存顧客へのフォローアップになる

ホームページをうまく運営すれば、既存のお客様へのフォローアップも可能です。工場の稼働状況や休日などの情報を掲載することができます。

わざわざ連絡しなくても、知っておいてほしい情報を提供することができるので、設備の増設など、注目すべきトピックを伝えることも可能で、既存のお客様とのコミュニケーションに活用できます。

製造業向けホームページ制作の留意点

製造業向けのホームページを作成する際には、以下の4つのポイントに注意しましょう。

  • 独自の技術や強みをアピールする
  • 製造工程を視覚的に伝える
  • 過去の実績を紹介する
  • お客様や求職者の目線を意識する

これらのポイントを意識することで、ホームページの集客効果を高めることができます。

独自の技術や強みをアピールする

技術力は、Webサイトの訪問者が知りたい最重要ポイントです。そのため、Webサイトで最も強調したいポイントです。自社の魅力を伝えるためには、他社との差別化を図りましょう。

そのために、他社にはない独自の技術や強みを積極的にアピールしましょう。アピールポイントとしては、「品質」「開発力」「価格」が挙げられます。

例えば、品質では歩留まりを、開発力では独自技術の詳細や開発過程を、価格では参考価格や一般価格との比較などを掲載します。

これらを含めて掲載することで、訪問者にサービスを依頼する理由を伝えることができます。

製造工程を視覚的に表現する

製造工程を視覚的に伝える写真や動画も、Webサイトに掲載する必要があります。訪問者に、自社の品質や技術力をイメージさせることができるからです。

画像を使うメリットは、専門的な知識がない人でも、製品の素晴らしさや魅力を理解できることです。製造工程を視覚的に伝えることで、新規のお客様を獲得しやすくなります。

ただし、自社で写真や動画を撮影することはおすすめしません。素人撮影では、暗かったり、見にくかったりして、印象が悪くなる可能性があるからです。

素人撮影では、顧客が注文を見送る可能性もあります。ホームページで使用する画像や動画は、プロに依頼して撮影してもらいましょう。

過去の実績を紹介する

過去の実績もホームページには掲載したいものです。豊富な実績があれば、訪問者の信頼を得ることができます。様々なプロジェクトに対応できる能力があることを示すことができます。

基本的には、制作実績や施工実績を掲載するのが良いでしょう。取引先の協力が得られるのであれば、導入の経緯や導入後の感想など、「お客様の声」を掲載するとよいでしょう。

実際にシステムを利用した人の声は、来場者にとって非常に参考になります。

お客様目線、求職者目線を意識する

上記のような情報を掲載する際には、お客様や求職者の視点を意識することが大切です。自社にとっての当たり前と、お客様や求職者にとっての当たり前は異なる場合があります。

自社の視点だけでホームページを作成してしまうと、必要な情報があっても伝わらないホームページになってしまう可能性があります。

例えば、専門用語だらけの説明では、業界外のお客様や業界未経験の求職者には理解されないでしょう。

想定したターゲットが理解できるように制作することが重要です。

製造業向けWebサイトに掲載するコンテンツ例

製造業のWebサイトに掲載するコンテンツの一例をご紹介します。

会社概要

会社名、所在地、代表者、資本金、事業内容、取引先、関連会社などをまとめた会社案内は必須です。会社概要がないと、訪問者は自分がどの会社のホームページを見ているのかわからず、不安に感じてしまいます。

製品紹介

同様に欠かせないのが、自社の強みをアピールする「製品紹介」です。製品紹介では、その企業が何をやっているのかを明確にします。画像や動画を使って、わかりやすく伝えるとよいでしょう。

工場・設備紹介

企業の信頼性をアピールしたいのであれば、工場や設備の紹介を入れるとよいでしょう。厳重に管理された工場で生産されていることや、最新鋭の設備を使っていることをアピールできれば、企業としての信頼性が高まります。

事例紹介

過去の事例も掲載すべき重要なコンテンツです。過去の事例を掲載することで、サイト訪問者は導入後のイメージを膨らませることができます。そうすることで、訪問者はサイトを検討しやすくなるのです。

スタッフ紹介

上記に加えて、スタッフ紹介も魅力的なコンテンツです。
見込み客にスタッフを知ってもらうことで、親近感を抱いてもらいやすくなります。見込み客との距離を縮めたいときに効果的なコンテンツです。

まとめ:製造業のホームページ制作

企業のホームページを作成することで、企業としての信頼性を高めるとともに、企業の技術力をアピールすることができます。製造業において、ホームページは集客に有効な手段です。

しかし、ただ闇雲にホームページを作成しても、期待するような成果は得られません。SEO対策を考慮しつつ、ターゲットが必要とする情報を提示することが必要です。

特に、成約につながりやすいキーワードで集客することが重要です。Webサイト制作のご相談や戦略の見直しをご希望の方は、製造業をはじめ他業種のWeb制作・運用実績のある弊社にお気軽にご相談ください。

Categories: ITMarketing