不動産ホームページの作成時に考えたい3つのポイント

Published by matsuo on

【簡単解説】IT業界とは|職種や仕事内容、未来をわかりやすく解説

不動産ホームページの作成時に考えたい3つのポイント

こちらの記事では、不動産のホームページ作成について解説しています。

会社・企業のホームページは作成が難しそうというイメージがあり、専門のホームページ制作会社に依頼して作成してもらう、という印象をお持ちの方が多いと思います。

しかし、依頼をする際に、制作会社に全て丸投げするのは危険です。自社ホームページをどのようなものにしたいか、どんな情報を盛り込みたいか、また、他社ホームページとどんな違いを持たせたいか、という要素を考えておくことは非常に重要です。本記事では、不動産のホームページ作成時のポイントと、どのようなコンテンツをホームページに入れたら良いかについて解説します。

不動産ホームページを作成するメリット

他のビジネスと同じように、Webサイトを作ることは広告・宣伝の観点から非常に重要です。インターネットが普及した昨今の世の中では、インターネットで検索して企業を見つけるということも少なくありません。不動産業界でホームページを作成することのメリットは、以下の3つが挙げられます。

  1. ビジネスの信頼度アップ
  2. 新規顧客の獲得
  3. 円滑な管理機能

ビジネスの信頼度アップ

不動産のホームページを作成すると、そのビジネスの信頼度が上がります。リストアップしている住宅情報を詳しく載せることができる他、その情報をいつでもどこでも閲覧することが可能です。

また、ビジネスの概要、経営理念、実績などの情報もホームページに載せることで、今までどのような経営を行ってきたのかが分かり、お客さんにも、これからどの不動産に任せようか悩んでいるオーナーにも好感が持て、信頼度が上がります。

新規顧客の獲得

ホームページは、ただ情報を載せる媒体としてでなく、人とのコミュニケーションツールとしての機能も発揮することができます。ビジネスの概要や不動産の情報を載せると同時に、問い合わせフォームや資料の請求フォームを設置することで、見込み客・企業と円滑にコミュニケーションを図ることが可能です。

ホームページを見てある物件が気になったお客さんが内見をしたい時、内見の予約フォームがあれば、スムーズに予約の手続きを行うことができます。不動産側も、誰がいつどの物件の内見を行いたいのかなどの管理がとても楽ですし、予約のダブルブッキングを防ぐこともできます。

円滑な管理機能

不動産におけるホームページの作成は、お客さんのためだけに役立つものではありません。不動産では、大量の物件を一度に管理しなければならず、それぞれにオーナーや担当の営業スタッフ、お客さんなど大量の人々が関係するビジネスです。

ホームページ上に物件情報を載せてそこで物件を管理することで、様々なトラブルを防ぐことができます。

また、大量の物件を一度に管理したり見比べたりする場合に必要な検索機能も備わっているため、異なる条件で物件探しを行う際もスピーディーに理想の物件を探し出すことができます。

不動産ホームページで重要な3つのポイント

不動産業界のホームページを作成する際には、上記のような載せたい情報だけでなく、他にも様々な要素を考慮しなければなりません。ここでは、そのポイントを大きく分けて3つご紹介します。

①コスト

不動産のホームページを別会社に委託して作成する場合、一番考えておきたいのはどのくらいのコストがかかるかということです。

  • ホームページ作成にかかる費用
  • ホームページを運用するのにかかる費用
ここで覚えておきたいのは、ホームページの作成にかかる費用以外にも、維持費として料金が別にかかるということです。ホームページをスムーズに運用するためには必須だと言えるでしょう。
  •  ドメインやサーバーのセキュリティ管理
  • 各種システムのアップデート
  • システムトラブルの対処
これらはなかなか個人で対応できるものではなく、専門の人に管理を代行してもらうのが最善です。

②運用の快適さ

ホームページを作成したらそれで終わりではなく、実際にそのホームページを使用して、物件・顧客管理や取引などを行います。継続して運用する中で、そのホームページがどれだけ使いやすいかというのはその後の業務に大きく関わってきます。ホームページに使用するシステムが直感的か、トラブルにすぐ対応してくれるかなどが重要になってきます。

また、将来的にホームページをより大きく、できることを増やす場合は、そのホームページの拡張性についても考慮が必要です。ある機能を追加したいとなった時に全てのページを作り直さなければならないとなると、二度手間になりその分コストもかかってしまいます。

③トラブルサポート

不動産のホームページを作成する際には顧客・物件管理、予約フォーム、お問い合わせフォーム、検索機能など沢山の機能を組み入れますが、それぞれでトラブルが起こった際のサポートが手厚いかどうかも重要なポイントです。制作会社に依頼する際には、具体的にトラブルがあったときにどんなサポートをしてくれるか、レスポンスの早さはどれくらいかなどを確認すると良いでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

ホームページ作成の経験がなかったり、プログラミング言語の知識がない場合は、不動産のホームページを作成するのはとても大変です。

弊社ではアメリカでの起業支援を行っており、支援の一環としてホームページの作成も承っております。実績あるコンサルタントをはじめとして、ウェブデザイナーやプログラマーなど、様々な分野のスペシャリストが在籍しており、徹底したサポートをいたします。アメリカでの開業・独立をお考えでしたら、ぜひお気軽にご相談ください。

ビジネスコンサルティング_アメリカ

aiTWorksは貴方のアメリカ進出をサポートします

人材、マーケティング、ITサポート、法律、会計、不動産など、どのビジネスにも必要なフィールドで適切な専門家と連携しながらアメリカ進出をサポートします。私たちと一緒にアメリカで成功を掴み取りましょう。

個人起業についてはこちら

企業アメリカ進出についてはこちら

Categories: IT