弁護士ホームページの制作時に重要なポイント3選

Published by matsuo on

【簡単解説】IT業界とは|職種や仕事内容、未来をわかりやすく解説

弁護士ホームページの制作時に重要なポイント3選

インターネットが普及した現代では、弁護士のホームページを持つことでより沢山のビジネスの機会が生まれます。しかし、ホームページ制作に詳しくない方は、「自分でホームページを制作するのは難しい」「弁護士のホームページってどんな情報を入れたらいいんだろう」「制作会社に外注したいけど、相場が分からない」という疑問があるのではないでしょうか。

この記事では、弁護士のホームページを制作する際に重要なポイントを紹介していますので、是非参考にしてみてください。

弁護士ホームページ制作のポイント

ホームページがターゲットユーザーに届き、さらに弁護士へ相談・契約に繋げるためには

  1. 丁寧なターゲットの設定と分析
  2. ユーザーに伝わるコンテンツ制作
  3. 問い合わせしやすい導線
上記の3つが大きく重要になってきます。

丁寧なターゲットの設定と分析

法律上のトラブルと一言で言っても、様々な種類のトラブルがあるため、情報を提供したいターゲットをうやむやにしたままホームページを制作してしまうと、結局誰の目にも留まらない中途半端なホームページになってしまいます。

使用する画像、テキストの口調、ホームページ全体のデザインといったそれぞれのパーツに統一感がないと、何を伝えたいのかが不明瞭になり、ターゲットユーザーに不信感を抱かせてしまうかもしれません。

ターゲットをしっかり定めると、おのずとコンテンツの内容やデザインの方向性もまとまってくるので、ターゲットの設定と分析は非常に重要なプロセスと言えるでしょう。

ユーザーに伝わるコンテンツ制作

デザインが統一されていると、次に重要になってくるのはコンテンツの内容です。いくらデザインが綺麗でも、コンテンツのクオリティが低いと良いホームページとは言えません。

弁護士のホームページを訪れる人の大半が、法律や弁護士に馴染みのない人たちです。そのため、詳しい業務内容や依頼価格の目安、依頼の流れ等、自分の強みをアピールしながら、ターゲットユーザーの求めている情報を載せたコンテンツを制作するのが良いでしょう。

弁護士に特化したホームページを制作する場合は、弁護士のプロフィールやこれまでの経歴、クライアントからの口コミを載せると、ホームページを見ているユーザーに安心感を与えることができます。

また、自分が特に主張したいことを上手くビジュアルに取り込んで、ホームページのトップに簡潔にまとめることも大事です。

問い合わせしやすい導線

ユーザーがホームページを閲覧して、「この弁護士に相談しよう」と決めた時に、連絡先や相談の方法が分からなければ、ユーザーは不信感を抱いて離れていってしまいます。問い合わせフォームや電話番号を必ずホームページには載せるようにしましょう。また、問い合わせフォームを一つだけ設置するのではなく、ユーザーが思い立った時にすぐに連絡ができるように、ホームページ内の各所に設置すると良いでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

ホームページ制作の経験がなかったり、プログラミング言語の知識がない場合は、不動産のホームページを作成するのはとても大変です。

弊社ではアメリカでの起業支援を行っており、支援の一環としてホームページの作成も承っております。実績あるコンサルタントをはじめとして、ウェブデザイナーやプログラマーなど、様々な分野のスペシャリストが在籍しており、徹底したサポートをいたします。アメリカでの開業・独立をお考えでしたら、ぜひお気軽にご相談ください。

ビジネスコンサルティング_アメリカ

aiTWorksは貴方のアメリカ進出をサポートします

人材、マーケティング、ITサポート、法律、会計、不動産など、どのビジネスにも必要なフィールドで適切な専門家と連携しながらアメリカ進出をサポートします。私たちと一緒にアメリカで成功を掴み取りましょう。

個人起業についてはこちら

企業アメリカ進出についてはこちら

Categories: IT