aiTWorks

クリニックのオンラインマーケティング法

Published by matsuo on

【簡単解説】IT業界とは|職種や仕事内容、未来をわかりやすく解説

クリニックのオンラインマーケティング法

インターネットとマーケティング

インターネットが普及した現代の世の中では、今までとは違うマーケティングの方法が必要になってきます。特にインターネットを用いたマーケティングを行うことによって、効率よく集客を伸ばすことができ、売上にもダイレクトに繋がります。

マーケティングとは?

マーケティングとは、簡単に言うと「売れる仕組みを作ること」です。その仕組みを作るときに考えるべきことは、誰に、どのような価値を、どのように提供するかで、それを実践して市場のニーズを確実に満たすことが必要です。

病院に当てはめると、

  • ターゲットとなる患者さんは何を求めているのか?
  • 自分の病院はどんな治療を提供できるか?
  • 患者さんにとって理想的な診察の日時はいつか?

などがあります。

病院のオンラインマーケティングのステップ

市場分析

最初のステップは市場分析です。この工程をしっかりしないと、後のステップも無駄になってしまうので、綿密に行いましょう。診療圏調査をすることで、診療圏内の競合や人の流れを調査しましょう。

ターゲティング

ターゲティングとは、診療圏のなかで自分の病院が提供する医療を必要としている人はどんな層かを決めることです。診療する科によって決まることが多いですが、例えば、美容整形に特化している病院や脱毛に特化している病院等、ターゲットによって広告の出し方も変わってきます。

分析を行ったあとは、その分析をもとにして行動することが大切です。その後の成果を見て、原因を分析して次の行動に活かしましょう。このサイクルを繰り返すことでマーケティングのPDCAを行うことができます。

マーケティングの代行

専門業者に依頼して病院のオンラインマーケティングを代行してもらうと、時間も人手も足りない場合は有効です。マーケティング会社に依頼することで、患者満足度調査を実施することで、患者さんが満足している点・不満に思っている点が分かります。

改善点に対してのアドバイスもしてくれるため、日々の業務が多忙でオンラインマーケティングには時間が割けないような人におすすめの方法となります。

ホームページのアクセス解析

病院のホームページのアクセス解析もオンラインマーケティングの一つです。アクセス数だけでなく、リピート率や直帰率などまで細かく確認することで、どんなことが患者さんから必要とされているのか、どんな情報があればもっとホームページの訪問者が増えそうかが分かります。

グーグルアナリティクスなどのアクセス解析ツールを用いることで、効率よくオンラインマーケティング解析を行うことができます。具体的には

  • ユーザー属性(国、市町村、性別、年齢、言語など)
  • ユーザーのテクノロジー環境
  • 集客(どこから訪問しているのか)
  • エンゲージメント(ページ閲覧数、スクロール数など)
  • コンバージョン

などのデータを取得することができます。

SEO対策

病院のウェブサイトをより多くのターゲット層の人に見てもらうためにも、SEO・MEO対策は十分に行う必要があります。

経営を安定させるためにはマーケティングは欠かせませんが、必要な情報をひとりで調べようと思うと、時間的にも大変です。ですので、役に立つツールを駆使したり、専門家に依頼することで、時間や労力を最小限に押さえて最大の効果を見出しましょう。

病院の集客において、Webサイトを作っただけでは売上には繋がりません。これは病院だけに限った話ではありませんが、エリアが限られたローカルビジネス全般に言えることでしょう

WEB広告

Web広告はWebサイトやメール、SNSなどに記載される広告全般を指します。「オンライン広告」「デジタル広告」「インターネット広告」とも呼ばれ、商品やサービスの認知度・売り上げの向上を目指す際に効果的な施策です。

ユーザーがクリックなどの行動で反応する「インタラクティブ性」やユーザーの性別や年齢、居住地域や行動履歴を限定してアプローチできる「ターゲティング性」などが特徴として挙げられます。

基本的なWeb広告として、それぞれ特徴の異なる以下9種類のものがあげられます。

SNS広告

SNS広告とはSNSプラットフォーム(Instagram・Facebook・Twitter・LINEなど)に配信する広告で、基本的には運用型広告です。より多くのユーザー及び潜在顧客にリーチできる・ターゲティングやセグメントが細かく設定できるなどの利点があります。

SNS広告はおすすめアカウント欄やタイムライン、ストーリーズなどに表示される広告全般を指し、従来はテキスト+バナーが主流でしたが、現在では動画やカルーセルを効果的に活用することで商品やサービスを訴求する事例も増えています。

SNS広告の有効的な活用方法としては①「ブランドのファン育成」②「潜在顧客へのブランドや商品の認知度拡大」の2点が挙げられ、SNSを通して認知してもらいたいユーザーに的確に広告を打ち出し、ブランドの世界観や価値を伝えることによって長期的に利用してくれるファンを獲得することが可能です。広告配信システムや利用ユーザーがプラットフォームごとに異なるため、最適なサービスを見極めて利用する必要があります。

メールマーケティング

メールマーケティングとは、「メールを活用してマーケティングの目的を達成するようユーザーに自ら動いてもらうこと」を意味し、集客ではなくエンゲージメント強化に重きをおいた施策です。最終的なゴールを決め、そのゴールに到達するためにはユーザーにどのようなメールを送り、どのような行動を促せばいいのか考え、戦略的にメールコンテンツを配信していくのがメールマーケティングであるといえます。

メールマーケティングでは問い合わせや会員登録、名刺交換などからメールを送付するのに必要な個人情報を取得して、メール配信を行うユーザー数を獲得することが重要です。そのため、個人情報を入力しないと入手できない資料を自社サイトに掲載するなどの工夫が必要になってきます。全員に同じ内容を配信するメルマガと違い、メールマーケティングではそれぞれのユーザーに合ったコンテンツを送ることで興味を持ってもらうことが可能になります。

終わりに

いかがだったでしょうか。この記事では、病院のオンラインマーケティングに関するポイントや、載せるべきコンテンツの例について解説しました。

オンラインマーケティングの経験がなかったり、プログラミング言語の知識がない場合、病院のオンラインマーケティングは難しそうに感じるでしょう。

aiTWorksは貴社のIT化を促進します

ホームページ制作のご相談や戦略の見直しをご希望の方は、レストラン業をはじめ他業種のホームページ制作・運用実績のある弊社にお気軽にご相談ください。

> お問い合わせはこちら