aiTWorks

不動産でのオンラインマーケティングを活用しよう!

Published by matsuo on

【簡単解説】IT業界とは|職種や仕事内容、未来をわかりやすく解説

不動産でのオンラインマーケティングを活用しよう!

不動産ビジネスでオンラインマーケティングを行うために

インターネットが発達した今、Google広告やSNSなどのインターネット上で宣伝を行う、オンラインマーケティングが主流となりつつあります。

オンラインマーケティングは、規模に関係なく広告費用を抑えて行うことができるので、不動産ビジネスでもこちらの方法が有効です。ポイントを理解して使用することで、関連性の高いターゲット層に的確にアプローチして、効果を上げることが可能です。この記事では、オンラインマーケティングの重要性や施策の種類等をご紹介します。

オンラインマーケティングとは

オンラインマーケティングとは、インターネット上で行われるマーケティング活動のことです。例としては、検索エンジンに表示される有料プロモーションやメール、SNSの投稿などがあります。それらを利用して、より関連度の高いターゲット層にリーチを広げていきます。オンラインマーケティングは、デジタルマーケティングと同義で使われることが多いです。

オンラインマーケティングの重要性

2020年から現在も長引いているコロナ禍において、これまで主流だった訪問販売やセミナー等のオフラインイベントは制限され、代わりにリモートワークをはじめとしたオンラインの活動が活発になってきました。今後もこの流れは継続されると予想されるので、不動産をはじめとする様々な分野におけるオンライン化は必須でしょう。

ユーザーに知ってもらうために、オンラインマーケティングツールを駆使して、最適な顧客や商品に興味のあるターゲット層にアプローチすることができます。また、マーケティングに必要な作業をワンクリックで行うことができるツール等を使うことで、費用を抑えながら賢くマーケティングを行うことができます。

不動産オンラインマーケティングの種類

WEBサイトの改善

不動産の分野でも、自社商品やビジネスを紹介しているWEBサイト等は、この時代既に持っている方も多いのではないでしょうか?しかし、このWEBサイトを持っているだけでは十分に効果を発揮できていないかもしれません。

WEBサイトを改善することで、オンラインマーケティングの成果を上げ、少しでも多くのターゲットユーザーをコンバージョンへ導くことが可能となります。WEBサイトを作成したあとも、定期的に構成やコンテンツを見直す必要があり、常に顧客にとって一番見やすいWEBサイトにしましょう。

WEBサイトを改善する際には、以下のチェックポイントが挙げられます。

  • コンテンツの見やすさ・構成・充実さ
  • 表示スピード
  • サイト導線
  • SEO対策
  • 文字の見出しと本文のメリハリ
  • サイトのゴールの明確さ
  • Q&Aの活用

また、Googleアナリティクスやヒートマップツールなど、WEBサイトの改善に役立つような基本分析ツールを利用するのも良いでしょう。

コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングとは、ターゲット層が「何を求めているか」を理解し、その情報を定期的に発信することで顧客を定着させて、最終的に商品・サービスの購入へとつなげる一連のマーケティング手法です。

従来の一方的な「売り込み型」の広告手法とは異なり、顧客にとって価値のあるコンテンツを適切なタイミングで配信するという点に特徴があります。

インターネットの普及による顧客の情報獲得ツールの変化や顧客獲得競争の激化によって、「求められているコンテンツを提供することで、購買顧客に育て、ファン化させる」というコンテンツマーケティングが注目されるようになりました。

具体的には下記のようなものがあります。

  • 記事
  • 動画
  • ウェビナー
  • インフォグラフィック

オンラインセミナー

オンラインセミナーは場所を問わず、数名から数百名まで様々な規模のセミナーを開催できるのに加えて、会場やスタッフを用意する必要がないため、費用を抑えることが可能です。長引くコロナ禍においては移動が不要で、非接触で安全に参加できるのも大きなメリットの一つとされています。

オンラインセミナーにはリアルタイムで開催するリアルタイム配信と、収録しておいたセミナー動画を設定した時間に配信する録画配信の2つの方法があります。また、オンラインセミナーの開催者が一方方向的にセミナーを進める「一方向型」と参加者の反応を見ながらインタラクティブに進める「双方向型」があります。オンラインセミナーの規模や内容、目的等を考慮して適切な形式を選ぶ必要があります。

オンライン展示会

オンライン展示会では電子カタログや動画はもちろん、資料のダウンロードや打ち合わせ予約の申し込み、オンラインセミナーなど様々なコンテンツを顧客に提供できることが特徴で、リードの獲得から受注までを対面することなく完結できるようになっています。

時間や場所の制約がないため世界中から参加者を集客できるというメリットに加え、来場者の申し込みから退場まで全てオンライン上で行われるため、データの取得・分析が気軽にできるという利点もあります。

自社完結型の単独オンライン展示会だけでなく、合同で参加する合同出典型のオンライン展示会もあり、現在様々なプラットフォームが提供されているので、利用する際は予算・内容・目的・規模等あらゆる観点から検討してみる必要があります。

WEB広告

Web広告はWebサイトやメール、SNSなどに記載される広告全般を指します。「オンライン広告」「デジタル広告」「インターネット広告」とも呼ばれ、商品やサービスの認知度・売り上げの向上を目指す際に効果的な施策です。

ユーザーがクリックなどの行動で反応する「インタラクティブ性」やユーザーの性別や年齢、居住地域や行動履歴を限定してアプローチできる「ターゲティング性」などが特徴として挙げられます。

基本的なWeb広告として、それぞれ特徴の異なる以下9種類のものがあげられます。

SNS広告

SNS広告とはSNSプラットフォーム(Instagram・Facebook・Twitter・LINEなど)に配信する広告で、基本的には運用型広告です。より多くのユーザー及び潜在顧客にリーチできる・ターゲティングやセグメントが細かく設定できるなどの利点があります。

SNS広告はおすすめアカウント欄やタイムライン、ストーリーズなどに表示される広告全般を指し、従来はテキスト+バナーが主流でしたが、現在では動画やカルーセルを効果的に活用することで商品やサービスを訴求する事例も増えています。

SNS広告の有効的な活用方法としては①「ブランドのファン育成」②「潜在顧客へのブランドや商品の認知度拡大」の2点が挙げられ、SNSを通して認知してもらいたいユーザーに的確に広告を打ち出し、ブランドの世界観や価値を伝えることによって長期的に利用してくれるファンを獲得することが可能です。広告配信システムや利用ユーザーがプラットフォームごとに異なるため、最適なサービスを見極めて利用する必要があります。

メールマーケティング

メールマーケティングとは、「メールを活用してマーケティングの目的を達成するようユーザーに自ら動いてもらうこと」を意味し、集客ではなくエンゲージメント強化に重きをおいた施策です。最終的なゴールを決め、そのゴールに到達するためにはユーザーにどのようなメールを送り、どのような行動を促せばいいのか考え、戦略的にメールコンテンツを配信していくのがメールマーケティングであるといえます。

メールマーケティングでは問い合わせや会員登録、名刺交換などからメールを送付するのに必要な個人情報を取得して、メール配信を行うユーザー数を獲得することが重要です。そのため、個人情報を入力しないと入手できない資料を自社サイトに掲載するなどの工夫が必要になってきます。全員に同じ内容を配信するメルマガと違い、メールマーケティングではそれぞれのユーザーに合ったコンテンツを送ることで興味を持ってもらうことが可能になります。

終わりに

いかがだったでしょうか。この記事では、不動産のオンラインマーケティングに関するポイントや、載せるべきコンテンツの例について解説しました。

オンラインマーケティングの経験がなかったり、プログラミング言語の知識がない場合、不動産のオンラインマーケティングは難しそうに感じるでしょう。

aiTWorksは貴社のIT化を促進します

ホームページ制作のご相談や戦略の見直しをご希望の方は、レストラン業をはじめ他業種のホームページ制作・運用実績のある弊社にお気軽にご相談ください。

> お問い合わせはこちら