aiTWorks

工務店のオンラインマーケティング基礎と施策

Published by matsuo on

【簡単解説】IT業界とは|職種や仕事内容、未来をわかりやすく解説

工務店のオンラインマーケティング基礎と施策

「工務店の効果的なマーケティング方法を知りたい」

「ホームページでの集客が思ったより少ない」

「Webで集客するには具体的に何をすればいいのか分からない」

このようなお悩みは、工務店の集客をより効率的にしたい時に出てきますよね。工務店のマーケティングには、抑えるべきポイントがあるのをご存知ですか?そのコツを踏まえた上で、最短で効率よく集客を行うことが可能です。この記事では、そんな工務店のマーケティングのポイントについて解説していきます。

マーケティングとは?

まず、マーケティングとは「ものが売れる仕組みを作ること」です。工務店の場合は、「家づくりをしたい人たちに、自社のことを効率的に知ってもらい、受注をしてもらうこと」となります。はじめのうちは難しく感じるかもしれませんが、マーケティングの基礎知識が備われば、自社に何が足りておらず、何をすれば自社のことを人に知ってもらえるのか、などの具体策が思いつくようになります。

マーケティングは、ただ闇雲に施策を行うだけでは非効率的で、思ったよりも成果が出ません。大事なのは、まずマーケティングの基礎を抑えた上で、アナログの施策とオンラインの施策をバランスよく行うことです。なぜなら、私たちはアナログとデジタルが混在している社会で生きているからです。

アナログとデジタルマーケティング

具体的に、アナログマーケティングとデジタルマーケティングの方法にはどんなものがあるのでしょうか?

  • オンラインマーケティング
  • ホームページ経由で問い合わせ
  • ポータルサイト(例:SUUMOなど情報まとめサイト)経由で問い合わせ
  • Webに出す広告経由で問い合わせ
  • 自社ブログ経由で問い合わせ
  • 公式SNSを運用し、自社の認知度を上げる

また、アナログ施策としては

  • チラシ経由で問い合わせ
  • 看板や建築幕で知名度を上げる
  • バスや電車、タクシーなどの車内広告
  • 住宅展示場などのイベント
  • 勉強会や講演会(セミナー)
  • 営業部のダイレクト営業による受注

などがあります。

アナログマーケティングだけではダメ!?

アナログマーケティングだけではダメかというと、下記のような理由が考えられます。

  • 現代の人は新聞などのアナログ媒体ではなく、インターネットやSNSから情報収集をするようになった
  • ほとんどの人がスマートフォンを持つようになり、インターネットに触れる時間が長くなった
  • コロナウイルスの影響で、オフラインでのイベントを開催するのが厳しい状況が続いている

マーケティングの基本3選

工務店のマーケティングを行うにあたって、必ずはじめにやっておくべきマーケティングの3ステップがあります。これは、マーケティングに着手する前に行っておきたい準備ですので、具体的に集客をする前に押さえておきたいポイントとなります。工務店によっては、この工程に時間がかかることもあるかもしれませんが、工数がかかってでも基盤づくりとしてしっかり行いましょう。

ターゲット層とペルソナの決定

自社がターゲットとしたい顧客層と、そのターゲットとなる人物像を固めておきましょう。この人物像のことを「ペルソナ」と言います。工務店では、「自社が行うサービス(=家づくり)をどんな人に提供したいか」ということです。

このペルソナを決める時のポイントは、できるだけ分かりやすく、具体的にイメージすることです。例としては、「年収は約◯◯◯万円、家族構成は夫・妻・子供が◯人、夫は◯◯系の企業に勤めていて、役職は◯◯、趣味は◯◯…」という風に、できるだけ具体的にすることが重要です。誰でも想像ができるようなペルソナが出来上がったら、それを工務店のスタッフ全員と共有して、自社のターゲット層が会社内でブレないようにしましょう。社員全員が同じペルソナ像を共有し、意識をできるだけ同じにしてマーケティングを行うのがポイントです。

現状分析

ペルソナ像が決まったら、次は「自社の現状分析」を行います。マーケティングを始めるにあたって、自社の現状を知ることはとても大事です。スタートを知ることで、ゴールを明確に決めることができます。

  • 自社の現状と課題
  • ストロングポイントとウィークポイント

などを、「SWOT分析」や「3C分析」と呼ばれる方法で行いましょう。

コンセプトを明確にする

3つ目に、自社のコンセプトを明確にしましょう。

コンセプト(=Concept)とは、日本語で「概念、構想、観念」という意味があります。工務店のコンセプトとは、「自社工務店ならではの特徴」「他工務店との違い」を分かりやすく言語化したものです。

マーケティングにおいて、コンセプトを明確にすることは一番重要といっても過言ではありません。それには2つの理由があります。1つ目は、ユーザーに自社を選んでもらいやすくするためです。工務店や家づくりメーカーはこの世に数多く存在しており、ユーザーは自分にあった工務店探しにとても苦労している現状があります。これには、インターネットの普及による情報化社会も大きく関係しています。

そんなときに、自社の強みの例として、「うちの工務店は国産の材木を使用しています」「地域密着型で、地元に寄り添ったサービスを行います」などをハッキリとユーザーに伝えることで、ニーズに合った集客が可能となります。また、コンセプトが社内で明確になることで、マーケティングのブレが起こりにくくなり、経営陣やアルバイトまで、一貫したサービスを提供することができます。コンセプトを決める際は、企業理念をベースに考えるのが良いでしょう。

オンラインマーケティングの基本的な施策

①MEO対策

簡単に言うと、グーグルマップに自社の情報を正確に表示させることです。これを行うことによって、マップアプリ上に工務店の情報が表示されるようになり、ユーザーが検索した際に発見されやすくなります。

②ホームページ改善

既にホームページを所持している工務店も多いとは思いますが、①ホームページがスマートフォン対応になっているか、②ホームページ内のお問い合わせページまでの導線は簡潔か、の2点がきちんと整備されているかどうかを改めて確認しましょう。

③SEO対策

SEO対策とは、自社のホームページが検索エンジンの検索結果に表示されるために行う対策のことです。時間はかかりますが、コツコツと対策することでホームページが検索結果の上位に入り込むようになります。この強みは何と言っても、多くのユーザーが自社を見つけやすくなることでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

マーケティングの経験がない場合、公務員のオンラインマーケティング・アナログマーケティングを効率よく行うことは難しいかもしれません。

弊社ではアメリカでの起業支援を行っており、支援の一環としてマーケティングのコンサルティングも承っております。実績あるコンサルタントをはじめとして、ウェブデザイナーやプログラマーなど、様々な分野のスペシャリストが在籍しており、徹底したサポートをいたします。アメリカでの開業・独立をお考えでしたら、ぜひお気軽にご相談ください。

ビジネスコンサルティング_アメリカ

aiTWorksは貴方のアメリカ進出をサポートします

人材、マーケティング、ITサポート、法律、会計、不動産など、どのビジネスにも必要なフィールドで適切な専門家と連携しながらアメリカ進出をサポートします。私たちと一緒にアメリカで成功を掴み取りましょう。

個人起業についてはこちら

企業アメリカ進出についてはこちら