aiTWorks

小売業者必見!オンラインマーケティングで集客を目指す方法

Published by Hanae Izumiguchi on

【簡単解説】IT業界とは|職種や仕事内容、未来をわかりやすく解説

【小売業者必見】オンラインマーケティングで集客を目指す方法

オンラインショップ、店頭販売など顧客に対して直接商品を販売する小売店にとって、効果的な集客マーケティングを取ることは必要不可欠です。

近年、パンデミックや人口減少、景気後退などの理由により安定した新規顧客を得ることが難しくなってきているのが現状です。

小売事業で集客力をアップさせよう

さまざまな角度からマーケティングを行うことで集客力アップを目指しましょう。本記事では小売業における集客を目指したオンラインマーケティング戦略を詳しく解説します。

小売マーケティングへのステップ

小売マーケティングとは、顧客に自社商品やサービスに興味を持ってもらい購入へ導かせつ事と定義されています。マーケティングの主なポイントとは業種や小売業などに限らず、以下の4つに統一されています。

マーケティングの4P

製品(Product)

価格(Price)

場所(Place)

プロモーション(Promotion)

これらの要素を理解しバランスよくプロモーションすることで、小売業は自社の顧客のターゲットをより細かく絞る事ができ効果的な集客・売上につなげることが可能になるのです。例えば、商圏範囲をリサーチすることで会社の周囲にどのような支店が存在し、どのような顧客が集まりやすいのか理解する事ができます。家族層や学生、一人暮らしなど顧客を絞り込むことで、それぞれに適したアプローチに繋がります。

オンライン集客法5選

顧客が初めて店舗に足を運ぶきっかけとして、店舗からの情報発信は大きな影響を与えます。以下は集客に役立つオンラインでのマーケティングアイデアを紹介します。

自社サイト(ホームページやブログ)

ホームページは店舗の過言ではありません。自社の強みや魅力をアピールできるホームページを作成することでまずはお店を知ってもらう機会を増やすことに繋がります。ホームページを運営する場合に必要とされるのはドメイン使用料とレンタルサーバー利用料です。これに加え、検索エンジンで自社サイトを上位に持ってくるためのSEO対策の知識も必要になります。

その一方、ブログは比較的初心者でも簡単に更新する事ができ費用もかからないため、自分に合うサービスを利用し徐々に知識を深めていくと効率が良いでしょう。

SNSの配信

SNSは情報手段として日常的に幅広い世代で活用されています。顧客ターゲット層がSNSによって異なるため、多くの企業がソーシャルメディアを使い分けてマーケティングを行なっています。例えばインスタグラムを活用することでフェイスブックやツイッターと比べてブランドをビジュアルコンテンツとして伝えやすくなります。ストーリーやハッシュタグをバランスよく使いこなし閲覧者増加を狙えます。

また近年ではユーチューバなどのインフルエンサーを活用して広告活動をする企業も増えています。顧客にとってランダムに出てくる広告よりも自分の支持するインフルエンサーからお勧めされた商品の方が、消費者にとって信頼があります。さまざまな方法がある中、ターゲット層や地域にあったSNSマーケティングを活用しましょう。

アプリを活用

リピーターの集客を目指す際には、顧客の特性や地域性を理解する必要があります。独自のアプリを展開することで、顧客分析やセール情報の発信、クーポン配布を同時に行うことができます。また、アプリの大きなメリットとして自動的に最新情報のお知らせプッシュ通知などができるため。定期的に顧客に広告を行うこともできます。

店舗情報の登録利用

店舗情報をGoogleマップなどに登録することで、店舗情報と場所が同時に画面に表示されます。これはGoogleが提供する「Googleマイビジネス」というサービスの一環です。このビジネスプロフィールに登録する事でGoogle検索とマップからの管理を同時にする事ができ、地域名とキーワードで検索する際に大いに活用できます。

小売業者の集客に向けたオンラインマーケティングについてご紹介しました。ウェブサイトやSNSを活用したマーケティングはI Tが進む今とても重要です。本社で、効果的にSEO対策やアプリ開設を目指す方に向けてマーケティング戦略をサポートしています。

ご相談や質問などございましたらお気軽にご連絡ください。