インスタグラム広告例2022

Published by Hanae Izumiguchi on

【簡単解説】IT業界とは|職種や仕事内容、未来をわかりやすく解説

インスタグラム広告の種類

インスタグラムでのブランド広告が投資利益率を最大化することはもはやマーケティングの常識となっています。どんな人をターゲットにして、どんな商品をどのくらい売り出したいのかといった基本のことはもうお分かりですよね。

しかしインスタグラム上にはたくさんの広告とスポンサーつきの投稿があるので、実際どのように人々の目を引くコンテンツを作り上げられるのでしょうか?様々な企業がそれぞれの方法で商品を売り出していますが、インスタグラム広告を作る際に守るべきいくつかのルールがあるのです。

最近よく見られるインスタグラム広告を例に取りながら学んでいきましょう。

インスタグラムで可能な広告

写真広告

静止画の広告です。写真はインスタ映えするものでなければなりません。

例1: マクドナルド

写真の中にはマクドナルドの名前もロゴもありませんが、マクドナルドを瞬時に思い浮かべてしまいますよね。従来の広告とは大きく異なるいわゆるフォトジェニックな素晴らしい写真広告例です。これは夏の始まりにマクドナルドというブランドを消費者に意識してもらうために投稿されました。

例2: Uber

ユーザー生成コンテンツは、低コストで簡単にユーザーのフィードに違和感の内投稿や広告を作成できます。このUberの広告はシンプルなツイートのスクリーンショットで、一般のミームアカウントがインスタグラムでよくする投稿のような雰囲気があります。

ビデオ広告

数分のビデオで商品やメッセージをより宣伝できます。しかし動画が進むにつれて再生数は徐々に減っていくため、開始数秒で人を惹きつける工夫をすることが大切です。

例1: Eubi

Eubiとは長持ちする機能性とデザイン性を売りにしたメンズウェアのブランドです。製品の広告用写真と実際の製品の動画を並べて見せることで、ブランドの良さを見事に表現しています。これは間違いなく消費者が購入前に必要とする情報です。このような広告はインスタグラム上であまり見ないので、多くの人がスクロールをやめて目をとめてしまうのです。

例2: Lull Bed

Lull Bedはマットレスのブランドです。テレビや紙の広告はきれいに編集されているように見えてしまいますが、ソーシャルメディアでは手作りのある映像が効果的です。Lull Bedはインフルエンサーと提携して、製品を使ったビデオをブランドコンテンツ広告として展開し、親近感や信憑性を表現しています。

カルーセル広告

通常の写真広告と同じように、10枚まで画像を掲載できます。

例1: ARXX Copenhagen

カルーセル広告では1つの投稿に複数の製品の写真やビデオを載せることができます。ARXX Copenhagenはこのフォーマットを最大限に活用して靴を実際に履く映像に、製品の写真をつけました。ビデオは実際に製品を使うリアルさが表現するのに効果的で、このように2つのメディアを組み合わせることで、より多くの人にブランドを見てもらうことができます。

ストーリー広告

インスタグラムの投稿欄ではなく、ユーザーが閲覧するストーリーの合間に登場し、スワイプアップでスポンサーをタグづけすることができます。さらにそのストーリーは効果的なブランドコンテンツ広告になります。

例1: Yoga International

ストーリー広告の1つの長所は投票ステッカーで視聴者が広告に反応できる点です。視聴者のエンゲージを得るだけでなく、コンテンツに信憑性を加えて広告を通常のストーリーのように見せることができます。Yoga Internationalはインスタグラムのストーリー広告のキャンペーンを実施しました。そしてキャンペーン中の新規登録者のうち18%がその中の1つの投票から得られたものであると分かりました。

例2: Qantas

Qantasは、ミレニアル世代のブランド「AWOL」のストーリー広告を最大限に活用し、世界の目的地を紹介するインスタ映えする優れたビデオを制作しました。

若者は休暇を過ごす場所を選ぶときにインスタグラムを利用します。Z世代の44%がインスタグラムでのインフルエンサーの旅行投稿に影響を受けていると答えました。つまり、Qantasにとってはそのような若者世代をインスタグラムという視覚的な日常生活に特化したプラットフォームでターゲットにすることは理にかなったことです。キャンペーンを通して、Qantasはブランドの認知度を3ポイント上昇させました。

例3: Gymshark

アスレジャーブランドのGymsharkはブラックフライデーにインスタグラムのストーリー広告を出して話題になりました。製品を全面に打ち出し、BLACKOUTというワード以外は何も記載しなかったのです。UGC(一般のユーザーがつくりだした投稿)と自社制作の画像を組み合わせて使用し、スワイプ式のCTA(行動喚起)で「今すぐ買わないと逃す」という緊急性を上手く持たせた広告です。効果は絶大でキャンペーン中に購入された商品の40%はインスタグラムから購入されました。

コレクション広告

インスタグラムのショッピング機能を使用したもので、ユーザーは広告から直接商品を購入することができます。

例1: Klairs

ビューティーブランドのKlairsはインフルエンサーによって作成されたコンテンツを用いてインスタグラム上で大きな成功を収めました。ビューティークリエーターと提携し、その投稿をブランドコンテンツ広告として押し上げることで消費者がホームフィードから直接美容製品を購入できるようにしました。その結果ブランドの広告費に対して1.8倍の売上金を得たのです。

エクスプローラー広告

写真や動画の広告の派生で、インスタグラムのエクスプローラーページから投稿をクリックした人に表示される広告です。

例1: Kenzo

デザイナーズ香水ブランドのKenzoは、春のキャンペーンを象徴的なフラワーフレグランスの成長を表現した美しい写真とスローモーションビデオで始めました。

エレガントな映像はKenzoの花への愛を表現しており、春を意識したタイムリーで適切な広告の例と言えます。

インスタグラム広告を効果的に活用するには?

約3分の2の人々がブランドよりも個人の感想を信用するというデータがあります。適切なインフルエンサーをパートナーとして見つけることが新たな顧客獲得のため、また適切なターゲット層の獲得に役立つでしょう。aiTWorksは効果的なこのような広告戦略の面で貴社のビジネスをサポートいたします。

アメリカのSNSマーケティングについてはこちら

ビジネスコンサルティング_アメリカ

aiTWorksは貴方のアメリカ進出をサポートします

人材、マーケティング、ITサポート、法律、会計、不動産など、どのビジネスにも必要なフィールドで適切な専門家と連携しながらアメリカ進出をサポートします。私たちと一緒にアメリカで成功を掴み取りましょう。

個人起業についてはこちら

企業アメリカ進出についてはこちら

Categories: Marketing