【不動産業】ホームページを制作する|集客アップのポイント

Published by Hanae Izumiguchi on

【簡単解説】IT業界とは|職種や仕事内容、未来をわかりやすく解説

【不動産業】ホームページを制作する|集客アップのポイント

「不動産業をしていて、これからホームページを制作したい」

「不動産ホームページでの成果・顧客が伸びない、強化したい」

「アクセス数を増やしたいがやり方が分からない」

このようなお悩みを抱えている方に向けた記事です。本記事では、不動産業を営む方がホームページを制作する際のポイントや注意点、どのようにアクセス数を伸ばしていくかなどを解説します。

4つのポイント

  • ホームページの役割ってなに?
  • ダメなホームページの例
  • ホームページ制作で抑えてべきおくポイント
  • アクセス数の増やし方

具体的には、上記のような内容が理解できるようになるので、参考にしてみてください。

ホームページの役割ってなに? 

不動産業者のホームページをこれから制作していく上で、ホームページを作る意味やその役割をまずは理解することが必要です。根本的な役割を理解することで、高品質で効果のあるホームページを作ることができます。

インターネット上の看板

昨今においては、なにか調べものや買い物をする時にインターネットで検索をするのが主流となっています。ホームページを持つことは、インターネット上での会社の看板の役割を果たします。更に、ホームページは自社の名前と業種を伝えるだけでなく、自社の強みやどんなことが提供できるのかをアピールすることができます。

顧客の信頼を獲得

顧客が必要とする有益な情報や、これまでの実績を掲載することによって信頼を得る役割があります。特に、不動産業は価格の高い物件を取り扱うので、会社における信頼がとても重要になります。

物件情報の公開

ホームページを持つことで、自社の取り扱う物件を自由に掲載することが出来ます。また、物件の更新も随時できるので、顧客のニーズとマッチする物件をいち早く届けることができます。

問い合わせの窓口

基本的に、ホームページには問い合わせ先の情報を記載し、自社に興味を持った顧客が、手間なくすぐに問い合わせることが出来るようにします。問い合わせフォームやLINEアカウントを設けて、更に負担なくコミュニケーションが取れるようにする方法もあります。

ダメなホームページの例

不動産業者でホームページを運営していて、成果・顧客が伸びないと悩んでいる方は、今から紹介するダメな例を続けてしまっているかもしれません。4つのダメな例を確認していきましょう。

ホームページのターゲット・目的が明確でない

ホームページ制作というのは、かなりの労力やコストがかかります。自社のホームページを通じて、どんな顧客にどのように行動して欲しいのかを、まずは明確にする必要があります。それをせずに進めると、コストに見合った成果は出ません。

非レスポンシブ

非レスポンシブというのは、ホームページがタブレットやスマートフォンに対応していない事です。スマホとタブレットの普及が年々進んでいく中、PCにしか対応していないホームページは、多くのチャンスを確実に逃しています。

更新頻度が低い

ホームページの更新頻度が低いこともダメな例です。新しい物件を随時更新したり、定期的にコラムを掲載することによって集客効果が高まります。また、更新がされていないと感じられるホームページは、顧客からの信頼も失います。

セキュリティ面の強化を怠る

インターネットの発展に伴い、サイバー攻撃の被害も続々と増えています。自社のホームページのセキュリティを強化することは、ユーザーの安全を守ることにも繋がります。また、Google Chromeがセキュリティ強化を目的に、SSL/TLSに適切に対応していないWebサイトに対し、閲覧制限を設けることも発表しています。

ホームページ制作で抑えておくべきポイント

次は、実際にホームページ制作に取り掛かる場合に、抑えておくポイントについて解説していきます。

目的・ターゲットに合わせたデザインとコンテンツ

先ほども説明しましたが、ホームページを作る上で、まずは必要なのが目的とターゲットの明確化です。不動産業といっても、その中でも様々なカテゴリーがあり、目的を定めずにホームページを制作すると、情報が多すぎて結局どのユーザーにも刺さらないという事態になります。例えば、20-30代男性からアパートやマンションの賃貸物件についての問い合わせ数を伸ばしたい、家族向けの新築物件の資料請求数を伸ばしたいなど、具体的な目的・ターゲットの設定をすることが大事です。デザインとコンテンツはそれらに合わせて作ることが重要です。

自社の強みをアピール

ホームページの目的・ターゲットを設定した後は、自社の特徴や強みをどのようにアピールするかを考える必要があります。他社と比べて優れている分野や差別化を図れる点をアピールすることによって、顧客を獲得します。自社の理念やコンセプト、過去の業績を載せることなどは差別化を図る方法の一つです。

ユーザーファーストを心がける

自社のホームページにアクセスされたとしても、求めていたコンテンツがなかったり、使いづらいデザインだと、せっかくの顧客も去ってしまいます。好感が持てるようなデザインを意識すると同時に、シンプルで分かりやすい構造にする必要があります。お問い合わせ先情報やよくある質問などのコンテンツを分かりやすい位置に加えることで、ユーザーの満足度が上がります。

アクセス数の増やし方

納得のいくホームページが完成した後は、ホームページに人を集めなければなりません。多くの人の目の前に表示されれば、自然とアクセス数も増えていきます。ここでは、アクセスを上げるための様々な方法の中から、効果的なWebマーケティングの方法を解説していきます。

SEO対策を強化

SEO対策を強化すると、自社に関連するキーワードが検索された時、より上位に表示されます。その結果、より多くのアクセスを得ることができます。ユーザーにとってより最適なサイトが上位に表示される仕組みになっているので、質の高いコンテンツを高頻度で更新することが重要になります。為になるコラムを定期的に掲載したり、物件情報を更新し続けることが効果的です。また、ロングテールキーワード対策という、「新宿区 家族向け 新築」のように複数の具体的なキーワードを狙ってアクセスを獲得していく方法もあります。

Web広告を活用

リスティング広告やバナー広告など、Web広告にコストを費やしてアクセスを上げるのも一つの方法です。Web広告のメリットとしては、短期間で効果が期待できることや細かくターゲットを絞れることです。また、予算もあらかじめ設定できるので、リスクも少なく始められます。しかし、SEO対策と違い費用がかかり、種類も沢山あるので、計画を立てて利用する必要があります。

SNSの運用

今や、業種問わず多くのビジネスがホームページと連動させてSNSを運用しています。Instagram、Twitter、Facebookなど気軽に始められ、ユーザー数も年々増えてきていることが、多くのビジネスに利用されている理由です。例えば、Instagramに物件の写真や動画を載せることによって、ユーザーは気軽に閲覧することができます。若者に限らず、中年代のSNSユーザーも増えてきているので、上手く利用することで更なる集客効果が期待できます。

aiTWorksは貴社のIT化を促進します

aiTWorksではウェブサイト構築、クリエイティブ、デジタルマーケティング、ITコンサルティングの面で貴社ビジネスをサポートします。 私たちと一緒にアメリカで成功を掴み取りましょう。

Categories: ITMarketing